京都一周トレイル東山コース第一弾!

「次回は恐らく北山東部コースに挑みます!」
と宣言したものの、先に東山コースに来てしまいました!
東山コースは二つのルートに分かれてて、
今回はそのうちの伏見・深草ルートを歩きました。
全長9.5kmだったけど、寄り道したり、
山の中で迷ったりして、19kmも歩きました!

まず城南宮の神苑「楽水苑」に寄ってきました。
「春の山」、「平安の庭」、「室町の庭」、「桃山の庭」、「城南離宮の庭」と
五つの風景の異なる庭が観賞できるのに魅かれ、
随分前から来てみたかった場所です。
本殿は修復中だったので、見れなかったけど、十分満足しました。
太陽、月、星が寄り添った形のご神紋はとても珍しく、神秘的でした。

ルートのスタートポイントである伏見桃山駅に着いたのはもう昼過ぎで、
ランチは力をつけるために牛タン定食を食べました。
駅からしばらく街並みが続いたけど、
伏見桃山城に向かうとどんどん人気がなくなって、
坂が続き、少しずつ山の中に入っていきました。
町から離れた場所に住んでるみなさんは立派な家を持っているな~とつくづく思います。

伏見稲荷大社辺りの山に入るとどんどん観光客が増えてきて、
こんな暑い日にみんなよくここまで登ってくるなぁと思いました。
すべてのルートを歩き終えたのは17時、夕飯を食べるのにまだ早かったけど、
体力が限界で腹ぺこだったので、前から目をつけていた
伏見稲荷参道商店街にある店、秀吉が愛し命名した
「祢ざめや」で鰻丼とうどんを食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA