ナイトタイムの祇園ウォーキングツアーに参加してみました!

梅雨が明け、京都はますます熱くなりました。この間祇園のウォーキングツアーに参加しましたが、あっという間に2週間経ってしまい、早くブログを更新しないととそわそわしていました。。。

今回参加したツアーの運営会社は和来堂と言う、通訳案内士(通訳ガイド)が主体となり、京都発信の通訳ガイドとトラベル・コンサルタント事業を運営している会社です。トリップアドバイザーでは、京都市のツアーで 85 軒中 20 位、4.5点(満点5点)の高評価を得てます。外国人の観光客にとても人気があるみたいです。実際参加したところ、とても有意義な時間を過ごせました。

ツアーの情報を簡単にリストしました。興味のある方はホームページをご覧ください。外国人向けですので、ガイドは基本的に英語で説明します。
英語ウォーキングツアー (夜の花街散策)
時間:18:00-19:40
集合場所集合場所:北座前
解散場所:祇園甲部歌舞練場
料金お一人様あたり ¥1,000
http://www.waraido.com/

2週間前はまだ梅雨の時期で、集合地に向かう時は大雨でした。バス停から北座まで徒歩2分しかないけど、傘があるのにもかかわらず、一瞬にして靴が濡れてしまいました。。。予想通り、旦那さんを除いて、自分も含めて参加者は全員外国人でした。到着後、着物姿のガイドさんから井筒八つ橋の定番お菓子が配られました。少しだけ井筒八つ橋本店の外で雨宿りをし、出発する頃にはもう雨は上がり、早速京都の情緒を楽しむ人気スポット祇園白川に向かいました。ガイドさんは舞妓さんと芸子さんの違いや過酷な生活を解説したり、道中のお茶屋さんや置屋さんを紹介したり、花街の歴史や仕来りを語りました。祇園は有名な観光地で、舞妓さんも以前見かけたことありますが、その輝く姿の裏の世界はなぞです。ガイドさんの説明を興味津々に聞いてました。

ラッキーなことに、花見小路でお茶屋に向かっている一人の舞妓さんを見ることができました。実に豪華な着物に優雅な振る舞い、ツアー参加者全員思わず一斉にカメラをスタンバイ!!少し距離を置きながらも興奮した様子でシャッターを切っていました。舞妓さんがお茶屋に入ると、ガイドさんは今見た舞妓さんの特徴を丁寧に説明していました。外国の方にとって舞妓と芸子の見分けはとても難しいです。

散策を続けていると、さっき舞妓さんが入ったお茶屋の入口にタクシーが止まっている事に気づきました。ガイドさんが、恐らく舞妓さんが乗る為のタクシーだということで、舞妓さんが出てくるのを待ちながら他の説明を聞いていました。10分ぐらい待つと、舞妓さんと地方さんがお茶屋から出てきました!お客様が同行してなかったため、またすぐにカメラの的になりました。解散時に再びガイドさんの案内で、祇園コーナーの公演を終えた舞妓さんが出てくるのを狙って待ちました。なるほど!!こうやって舞妓さんを待ち伏せるんですね~~

沢山の知識を叩き込まれた気分で少し疲れましたが、とても楽しかったです!1時間半のツアーでたったの1000円はほんとにお得です。お勧めです~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA