宿泊税について。

先日、京都のゲストハウスオーナーが集まる場に参加してきました。

参加者は20~30人程。
一度にこれだけの人数のオーナーが集まるのは
結構珍しい事だと思います。
。 
 。
それだけ重要な話があってみんなが集まったわけですが
なぜ、今回このような集まりがあったかというと
 
・「宿泊税」の導入
。 
「宿泊税」。
恐らく宿関係者以外の人は
あまり耳にしないワードだと思います。
 。
京都市は、来年の秋から全ての宿泊施設利用者に
決まった金額の税金を課す「宿泊税」の導入を検討しています。
。 
 。
というか、ほぼほぼ決定しています。
 
 。
この宿泊税、恐らくすべてのゲストハウスが反対しています。
 
 。
中でも、中小規模のゲストハウスは怒ってます!
 
たぶんみんなイカってる!!
 。
 。
 。
 。
課税内約がヒドイ!
 
。 
実は、東京と大阪ではこの宿泊税
すでに導入されています。
しかし、この2都府、
 
宿泊代10,000円未満は非課税。
 
 。
つまり、小さなゲストハウスやビジネスホテルなどは実質課税されません
 
 。
 。
しかし!
 
京都の宿泊税は、
20,000円未満一人一泊200円
課税
されようとしています!
 
 。
この不平等さ、簡単に言うと
 
2名1部屋で、1泊19,999の宿に2泊すると、
宿泊代は合計39,998円で、税金が200円×2名×2泊で800円→実質1人400円
 
一方、うちのような1泊2,000円台のゲストハウスで一人で2泊すると
宿泊代は4,000円、税金が400円!
 
税率ではなく一律なので、
旅館とゲストハウスの負担額が同じなんです!
 
 、
宿泊代が安い小さなゲストハウスほど
不利な税制となっています。
 。
 。
 。
 。
今できる事。お願いしたい事。
この税制、今からひっくり返す事は難しいようです。
しかし、それでも一部ゲストハウスオーナーさんらが行動を起こし
市議会議員にコンタクトしたり、請願書を提出するなどして下さっています。
 
けれど、個人や少人数での活動では役所を動かす事は難しいです。
小さい声でも沢山の声がとても重要です。
 
覆す事は無理でも、税額の再検討や減額
それがダメでも今後、小さなゲストハウスの存在を認めさせるためにも
少しでもご協力していただけるようであれば
下記URLからご署名をいただければ幸いです。
 
リンク先サイト”change.org
署名発起人:ホステル銀閣寺オーナーCHANG HOCHIさん
 
個性あふれる楽しいゲストハウスがなくなってしまわないように。
 
宜しくお願い致します。

2件のコメント

  1. 通行人 より:

    ドミトリー宿泊客から200円の徴収は痛いですよね。
    日本てほんと旅人文化がないんだと感じます。
    もっとゲストハウスを大切にして欲しい。
    市はゲストハウスを単なる安宿と考えているのでしょう。
    まあ企業系(投資系)のゲストハウスはそうなんでしょうけれど。
    個人経営のゲストハウスが潰れていかない事を願っています。
    SUZUKIGUESTHOUSEさんも負けないで頑張ってくださいね。

  2. suzukigh より:

    通行人 さん

    コメントありがとうございます!
    おっしゃる通り、うちのように1泊2000円〜でやっている宿にとっては大きな問題です。
    しかしこれにめげず、京都の素敵な個人経営の宿が長く持続できるアイデアを考え、取り組んでいきたいと思います。
    応援ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA