ロゴとネーミングについて。

少し前、ブルーボトルコーヒーがネスレに買収されたそうです。
全然コーヒー業界に詳しくないけど
まだまだ波に乗ってるイメージのトップブランドが老舗にさらりと買収され
勝手に驚いてました

 

ブルーボトルコーヒーが鳴り物入りで日本に上陸し
一気に知名度をあげた大きな要因に
ネーミングとロゴマークが大きな影響を与えてる!
と勝手に考えていました

 

真っ先に先入観を植え付ける企業の名前とロゴ。

僕は小学生の時にサッカーを習っていました。
そしてスポーツブランドで
一番最初にロゴと名前を記憶したのは
「アディダス」でした

 

次に覚えたのは「ナイキ」です
友達がナイキの帽子を持っていて
あの有名な「スウッシュ」ロゴを見たとき
子供心に
(アディダスより)カッコイーーー」
と思ったのを覚えています

その後も「アドミラル」や「カッパ」「アシックス」など
様々なスポーツブランドの名前とロゴを覚えていきました

 

いくら頑張っても「カッパ」は「ナイキ」に勝てない。

こうしていろいろなスポーツブランド知っていったわけですが
小学生の僕はすでに「欲しいブランド」と「絶対買わないブランド」
がはっきりしていました

その大きな理由に、ブランドロゴとネーミングがありました

極端な話、全く同じデザインのジャージに、それぞれ
「ナイキ」のロゴと名前、「カッパ」のロゴと名前を入れたとしたら
僕は迷わずナイキを買います。

これは何にでも言えることかと思うんですが、
見た目の良し悪しって間違いなくあって、
それと口にして心地よい音、悪い音も間違いなくあると思います。

ただ、100人いたら100人がいい、悪いと感じるものはありません。

 

ブルーボトルコーヒーが流行ったワケの一つはここにある。

初めてブルーボトルコーヒーという名前を耳にして
そのロゴを見た時僕は一発で覚えました

これってとても重要なことで
そのネーミングやロゴを作る時
作り手の持つ様々なこだわりよりも重要になることもあると思います。

実際、僕もロゴのデザインをする時
かっこ良さや見た目の良さ以上に
覚えやすさや、わかりやすさを重視しています

結果的にそれが良いデザインになると思っています

日本人でも覚えやすい「ブルー」「ボトル」という単語
そしてその名前自体発音しやすい
またシンプルでわかりやすく、親しみやすいロゴとカラーリング

僕は飲んだことなんですけど(オイっ!)
多分美味しいんでしょう。普段コーヒー飲む人はとりあえず飛びつくだろうし
普段そんなに飲まない人でも
ブルーボトルコーヒーの“ロゴマークのついた”カップを持ちたいという
ファッション性でも集客力があると思います。

 

ロゴと名前ってホント大事。

ロゴと名前というものは、何かを立ち上げた時に決めてから、ずーっと使っていくものです

デザインのボリュームとしては本当に小さなものですが
それを作るものとしては、正にそこの看板を作るという気持ちで
0.1ミリ単位でデザインを作り上げます

某有名デザイナーが大企業からロゴを依頼されると数百万単位のデザイン代になります

しかし、ロゴマークとはそれだけ価値のあるものだということです

 

感じ方は人それぞれ。

ここまで言っといて最後にアレですが
もちろん中にはナイキよりカッパが好き!っていう人も必ずいるわけで
そういう方には先に謝っておきます

ボロクソ言ってすみませんでした

ただ、どんなことをやる場合にも言えることだと思うのですが
何かを作る時はターゲットをきちっと設定して
そのターゲットに少しでも多くリーチ出来るように考えて作るべき

デザインとは、そのターゲットに対して
調査や分析では求められない「感覚」的な魅力を
可能な限り効果的に表現することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA