予約手段の変化。

宿を予約する際には幾つか方法があります。

昔はきっと電話などで予約をしていたと思いますが
それからJTBなどの旅行代理店ができ
さらにネットが普及し、利用者が直接予約サイトから予約するようになりました。

「空き部屋シェア「Airbnb」がANA、Peachと提携」


予約サイトの大手はBooking.comやExpedia、楽天やじゃらんなど。

旅行者が数ある宿泊施設を比較し、ネット上で手軽に予約することができます。

 

Airbnbはその中でも少し異質なサービス。

もともとは、自分の家の空き部屋を旅行者に貸してあげたい人の橋渡しをするサービス。
基本的に宿泊(と食事)を目的としたサービスというよりも、

現地のホストとのコミュニケーションを重視したもの
として誕生しました。

そして今、Airbnbが予約サイトとしての頭角を現しはじめています。

 

現地決済と事前決済。

一旦Airbnbの話はおいておいて。

先ほどあげた予約サイトの中で、等ゲストハウスにおいて
ダントツ予約数が多いサイトがBooking.comです。

これには明確な理由があります。それは

現地決済。

どういうことかというと
予約サイトによって、事前カード決済だったり、現地決済を選んだりすることができます。

けど、Booking.comは現地決済のみ取り扱うサイトです。

予約する側からすれば、心理的にはやはり
事前決済より現地決済の方が良いというのは誰もが思うことだと思います。

しかし、宿側からすると
予約は入っているけど
当日来てくれないんじゃないかという不安
がどうしてもぬぐえません。

予約した側からすると、他で良い宿が見つかって
先に別の宿を予約していたことなど忘れてしまって
さほど気にもとめずに無断キャンセルしてしまうこともあるかもしれません

しかし宿側からすると予約が成立している以上
その部屋(ベッド)は他の方に売ることもできず
夜遅くまで到着を待ち、連絡さえ取れなくなるとなると
相当なストレスとリアルな損益に繋がってきます。

そのあたりを考えるとやはり宿側は事前決済がいいんだけど
そうすると予約が減ってしまうという、悪循環に陥ります。

 

Airbnbというイノベーション

僕はこの問題に関して、どう考えても
現地決済予約の割合を減らす方法
が見出せませんでした。

しかし、Airbnbのサービスはそれを覆しそうなほどの急成長を遂げています。

Airbnbは予約時にクレジットカード情報を入力して完了します。
しかし、実際に決済が実行されるのはチェックイン翌日です。

なので、キャンセルや変更があっても規定通りのキャンセル料が支払われ
予約者が無断キャンセルしても当然施設側に支払いが実行されるので
ノーショーによる損害が発生しません。

また、予約する際にゲストはホストにメッセージを送らなければなりません。
これがとても重要で、そのメッセージにホストが返事をすることで
すでにコミュニケーションが発生します。

これにより少なからずフレンドシップが生まれ
お客さんが無断で別の宿に泊まってしまおうという意識は激減していると思います。

実際Airbnbでのノーショーは一件もありません。
一方、Booking.com経由での予約の無断キャンセルは
9月は10000円分発生しました。しかも全員日本人という、、悲。
(これに対しBooking.comはなんの保証もしてくれません。。)

 

別の土俵を作ることは大きな可能性を生む。

結局、既存の予約サイトをいくらうまく利用しようとしたところで
悪循環からは抜け出せませんでした。

しかし、このように根本的にコンセプトの違う中から生まれたサービスが
その悪循環を覆す大きな要因になるというのは
何かイノベーティブなことを考えるにあたっては重要な要素ではないかと思います。

実際、Airbnb経由での予約は少しずつ増えています。

これはすごいことで、今まで不可能だと思ってたこと(事前決済での予約を増やす)
を可能にしてくれています。

Airbnbにも、違法民泊を放置しているという大きな問題もありますが
今後はそこも改善されれば他の予約サイトを凌駕する
ゲストにもホストにも愛される良質なサービスになっていくのではないかと思ってます。

 

あ、このブログを読んでくださったら
AirbnbでもBooking.comでもなく、
是非このHPから予約してくださいね!\(^-^;)/

ご予約はこちらから^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA