東京のホステル、ゲストハウスに泊まってきました。

先週一週間ほどお休みをいただいて東京に行ってきました。

実家に二泊した後、日本橋にある「CITAN」さんと
蔵前にある「東京ひかりゲストハウス」さんに泊まって
最後にAirbnbを使って民泊を利用してきました。

 

すごすぎる、Back packer's Japanの新店舗・・・!!

いや別に、友達が働いているわけでもないし
面識があるわけでもないので
なんのバイアスもなしに思った感想ですが
オシャレすぎるやろ。。

全体的に素敵すぎるけど、なによりも
外からも見える、あの立体的な見せ方に成功しまくっている
大きな扇風機みたいなやつ!!

個人的にはこれがとてもかっこよかった!

設備面でいっても素晴らしかったのですが
・シャワー室以外の水道でお湯がない(ガス代節約?)
・共用のシャワー室に脱衣かごがない(小さな棚はあったけど服は置けない)
・個室に泊まったんですが、なぜかiPhoneがWifi繋がらない(PCは使えた)
この点だけ気になりました。

けど、他は文句のつけようがありませんでした。
出かける時も、対応してくれたスタッフの方以外からも
「いってらっしゃい」とかるく声をかけてもらえて
大きな宿でたまに感じる、対応してくれたスタッフ以外との距離感も
感じませんでした。

何より見た目重視な僕からすると
ため息が出るほど洗練されていましたぁぁぁ

日本橋 CITAN

 

ひかりの差し込む小さなゲストハウス

次に泊まったのが、蔵前にある東京ひかりゲストハウス。

こちらは、いつからかインスタブラムで相互フォローさせていただいていて
前々から気になっていた宿でした

ご家族で経営されていて、手作り感溢れる
「ゲストハウスってこれ!」って感じの宿でした。

こちらも個室を利用させていただいたのですが
オーダメイドっぽい二段ベットが壁際にガッチリ固定されていて

「すごー、二段ベット手作りだよこれ!旦那さんすごいねー」

なんて話していたら

実は奥様が作ったとのこと!!! (°o°)!!!

 

東京と京都の個人経営のホステルの状況はやはり似ていて
共通の悩みを抱えていたり

でも一方でひかりさんは
東京の他の仲のいい宿のオーナーさんと
チームを組んで
イベントをしたりしていて
いつか東京と京都で何かイベントができたらいいですねなんて話もして。
楽しみが増えました。

 

東京ひかりゲストハウス

 

渋谷駅から徒歩10分のアパート民泊へ・・!!

最後はAirbnbを利用して
渋谷駅から徒歩10分程度のところにあるアパートで
「民泊」を体験してきました。

思うところはいろいろあるんですが、
ざっくりした感想は

温度がない。

今回利用した物件は一人暮らし用アパートの一室で
一度もホストと顔をあわせることもなく
Airbnb上のメッセージのやりとりだけで入室し、チェックアウトもします。

ホストの方はAirbnb上の写真から、若い男性かと思うのですが
(写真には首から下の画像しかない)
Airbnbでのメッセージのやりとりを数回したら
すぐにその文面から、ホスト本人ではなく
代行業者が送っているのだと気付きました。

なんだか妙に気分が悪かったのが
チェックアウト後に送られたメッセージ

「とても清潔に使っていただいてありがとうございました。
スズキ様のようなゲストに使っていただけてとても嬉しく思います!」

いや一度も会ってないあなたに言われたくない。
逆に気分悪いわ。っていうかあなた誰。

渋谷駅から徒歩10分。
家電も全て揃っているし、ウェルカムスイーツまで用意してくれてる。
個室だから周りの音を気にしなくていいし、利便性は抜群。
旅の疲れを癒すには最高の条件かもしれ
ない。

自分が宿経営者だから、絶対にこんなの宿とは認めたくないけど
正直世界中の旅行者のニーズにはあっているのかもしれない。

民泊は明らかな競合であって
できれば増えてほしくないと思うけどそれは不可能。
どちらかというと、やはり同業である簡易宿所の中で埋もれず
頭角を表して生き残っていく道をしっかり探していくべきかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA