選択肢としてのホステル。

確定申告が終わって完全に燃え尽き症候群のスズキです。

 

かれこれ10日間くらい燃え尽きてます。
もはや灰です。

 

ハイです。

 

Highです!!

 

 

 

近頃、宿泊施設の近代化がやばいです。

そもそも近代化って言葉は10年以上前から聞くけど
もはや現代化?ドラえもんはもうできた?アトムは?ガンダムは?

 

先日、good hostels kyoto 仲間で、いま屋ホステルの今井さんと
「ザ・ミレニアルズ」という、名前からして近代化してる宿に泊まってきました。

僕の世代だと、バックストリートボーイズが
2000年あたりに「ミレニア」っていうファーストアルバム出したことを考えると
ミレニア“ル”ってなんやねん!って突っ込みたくなる人は少なからずいるはず。

彼らももう40歳近いと思うと
「グループ名に“ボーイズ”つけたの失敗やったー」
ってメンバーの誰かが思っているはず。


(ドーン)

 

話が逸れましたが
「ミレニアルズ」の何が近代的だったかというと

まず、チェックインの際の案内は、もちろんスタッフもいるけど
「こちらをご覧ください」
と言ってiPadのムービーを見せられる。
館内の説明はそれでまかなっている。

さらに、鍵と一緒に渡されるのがiPod touch
何に使うかというと、室内の電気や、リクライニング式ベッドの調整を
このiPodで行うのだ。

 

へーーーー。

 

って感じ。

 

正直、僕の中ではそれらのすごさより
アメニティ類の充実とか(←この「とか」に10個くらいすごいことが詰まってます。)
の方が「すげー」って思ってしまったけど。

 

おそらくこれからの時代
さらに現代的な宿泊施設ができてくると思うけど
ある意味かの有名な変なホテルがその最終系かもしれない。

ようするに
チェックインはタブレットでセルフチェックイン。
スタッフはロボット。
清算はクレジット前清算。
室内での照明などはスマートスピーカーで声で操作。
現場で働く人間は警備員とお掃除さんだけ。

収益最優先にすればそういうことになっていくでしょう。

これが先進国日本の宿泊施設の未来系。

 

 

でもね。

僕はそういうん興味ないんです。

ホステル、ゲストハウスっていうのは
もっとこう、ガシャガシャしてて
人間味があって
月並みだけど
結局いろんな意味で温かみがあるっていうのは

何にも変えがたい魅力だと思うんです。

 

だけど、理想だけを掲げていては

数十年前、近くに大型スーパーができて潰れてしまった
商店街のあの八百屋のように。。

その文化はなくなっていってしまうかもしれない。

けど、今と数十年前と違うのは

インターネットという、大企業でも個人でも平等に使える技術があり
集客する方法はアイデア次第で無限にあるということ。

それをしっかり活用すべきだし
それができないとすぐに時代に取り残されていってしまう

ホテル建設ラッシュの影に埋もれることなく
むしろこの流れに乗って、優良なホステル・ゲストハウスがもっとアピールをして
ホテル、旅館という選択肢の他に、もう一つ”ホステル”という選択肢を全国的に認知させる
それもgood hostels kyotoの野望です。

 

いつまでも燃え尽きてる場合じゃなかったーヾ(`ε´)ノ