繁忙期のAirbnbの利用法。

ごりごり経営者目線のブログです。

 

さて、3月後半から4月にかけて、京都は繁忙期を迎えています。
身も心も寒い時期を乗り越えて、まさに春です!!

 

予約に関して、うちでは幾つかのOTAと契約し
ねっぱんを利用して一括管理していますが
唯一例外なのがAirbnb。

 

Airbnbはねっぱんと連動していないので
そこの調整が非常に難しいのですね。

 

この繁忙期でも、ドミトリーはひと月前になってもなかなか埋まりません
そこで、一番入りやすいBooking.comで早めにある程度予約を埋めていきました。

 

そこそこ埋まってきたらねっぱんを売り止めして
Airbnbで「いつでも予約」に設定し、残りを販売しました。

 

すでにBooking.comでそこそこ埋まってるので
もし万が一埋まらなかったどうしよう。。という
最低限の心配は払拭されています

 

そして繁忙期が近づいてくるとAirbnbでの予約が入り始めます

それと同時に、早くから取っていたBooking.comの予約がキャンセルし始めます
Booking.comから予約する方は、「とりあえず抑えとこ」というお客様が少なくありません。

 

なので、ぽこぽことキャンセルが出始めます。

 

しかし、ねっぱんは売り止めしてるのでまたBooking.comから入ることはありません

 

空いた穴は、Airbnbの「いますぐ予約」が埋めていきます。

 

結果的に今回の繁忙期の半分以上がAirbnb経由での予約になり、

例年の繁忙期はBooking.comからのどでかい手数料の請求が
唯一の憂鬱の種だったんですが

今回はそこまで大きなものになりそうにもありません。

 

さらに、Airbnbは基本事前清算なので
ノーショーというこれまたどでかい憂鬱の種もほとんどありません。

 

ねっぱんとAirbnbはいまのところ同期できませんが

Airbnbはうまく利用すれば宿側にとってもとても心強いOTAの一つになりました。
目標は、今後予約の半数をAirbnbから入れたいですねー。

 

以上、民泊撲滅委員会副委員長のスズキでした。