メディアから取材を受ける時の心得。

昨日、テレ東の情報番組に取材協力で出演しました。

宿不足と言われる京都だが、一方で急増する宿
もしかしたら増えすぎなのではないか、実際現地で宿を運営する経営者の感触は?

という感じで話が来ました。

 

取材を受けた理由

もちろん、「増えすぎです。」
という意見なんですが、今回この取材を受けた理由は大きく二つあって

まず一つは経験。
インターネットメディアの取材は過去にもあったのですが
全国ネットのテレビの取材は初めてでした。

こういうのって、絶対思い通りの内容にはならないとは思いましたが
きっといい経験になると思いました。

そして、good hostels kyoto にも興味を持っていただけたから。
もしかしたら、単純にスズキゲストハウスとしてだけだったら受けなかったかもしれません。
恥をかくだけだとさえ思いました。

 

すでに決まっていた、放送内容の主旨

撮影はスズキゲストハウスで1時間、
ghkのいま屋さんでさらに1時間程度でした。

いずれも、聞かれた内容は
急増する宿についての感想や、閑散期の稼働率について。

もちろん増えすぎは脅威だし
閑散期の稼働は減少してます。

そんな状況を打開するべく、good hostels kyotoを結成し
案を出し合い、前向きにミーティングをしていたのですが

実際放送された内容はその会話の中でも特にテンションの低いところばかり。

まるで元気のない
もうダメな感じの宿オーナーの集まりみたいでした。

(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)

 

テーマを吟味し、内容を確認して選ぶべき

まぁ、そういった編集内容はある程度覚悟はしていて
夕方の情報番組で5分程度だし、おそらく失敗しても傷は負わないだろう
それなら練習としてもってこいかなくらいに思っていました

今後もし取材等の申し入れがあった時は
事前確認をしっかりして選ぼうと思いました。

はぁーーーーー
撮影前日久々の緊張感だったー
肩の荷降りた〜〜〜〜( ^ω^ )〜〜〜〜