アベンジャーズ!

映画「エベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見てきました!

以下、ネタバレ注意でお願いします(^^;)

 

僕はなぜか子供の頃からスパイダーマンが好きで
今の様にマーべルの実写版映画が上映し始める前、中学生くらいの時に
格闘ゲーム「マーベルVSストリートファイター」にどハマりし
改めてマーベルヒーローズの格好良さにのめり込みました。

そして今から15年以上(!?)前に上映された
映画「スパイダーマン」を見て衝撃を受けました

スパイダースーツの質感の細かさや
NYを飛び回る臨場感
蜘蛛の糸を操った多彩なアクションは
今まで見たどんなアクション映画よりも最高で
全てが鳥肌ものでした。
(言うほど映画通でもありませんが)

その後もスパイダーマン3部作や
ハルクシリーズ
そして何より
漫画版ではあまりかっこいいと思っていなかった
「アイアンマン」シリーズに見事に心を撃ち抜かれ

「アイアンマン3」は僕の中でナンバーワン大ヒットしました!

その後も立て続けに描かれる
キャプテンアメリカ
ガーディアンズオブギャラクシー
ドクターストレンジ
などなど。。

そしてそんなマーブルシネマティックユニバースのお祭り映画
「アベンジャーズ」
第一弾も第二弾も、最高にカッコよかった!

そして今回、第三弾を見てきたわけですが
正直、過去の2つも最高に面白かったし
さらに今回は今までの様々な作品で描かれてきた
「サノス」という伏線を全て回収し一つの物語を仕上げていくとういう
「面白くないわけがない!」という、ある意味ハードル上がりまくりだったわけで
多少の肩透かしは覚悟して見に行きました。

 

結果

 

ヤッパリ最高!

 

なんやかんやでめちゃくちゃ楽しみにしていたので
できるだけネットニュースとかも目を避けていたので(ネタバレ防止のため)
ちょっと意外な展開も素直に驚けてよかった

そして何より

娯楽映画でここまで絶望感を抱かせられると思いませんでした。。。

本当、過去に類を見ないほど。。

 

そしてエンディング。
軽い倦怠感の中エンドロールを流し見していました。

スパイダーマン、アイアンマン、キャプテンアメリカ
いろんな映画が伏線となって
そしてたくさんのキャストが協力してこの作品が作られている

そしてこの作品全ての生みの親
スタン・リー

自分が生きているうちに
自分が生み出したキャラクターが漫画、アニメとなり
映画化され
そのどれもが大ヒットし
その全ての物語が結集した映画が上映された
(そして自分も出演する!)

そんな人生。

すごすぎる。

 

たくさんの人が関わるプロジェクト
その製作過程はどんなに大変なことだろう

それでも最終的にこうやって
たくさんのお客さんが劇場に足を運ぶ

 

そんな製作スタッフに一瞬羨ましいと思ってしまいました。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA