Airbnbのプレスについて思ったこと。

お久しぶりですスズキです。
前回アップしようとしたブログが書いた後
ブラウザのエラーで全てすっ飛んでから
しばらく更新が途絶えていました。

お察しください。。。f(-_-;)

 

今日はツイッターで少し話題になっている
Airbnbのあるプレス内容について
僕の思うところを書いてみたいと思います。

プレスの内容はこちら
「日本へのご旅行を予定されている
ゲストの皆様へのサポートについて」

なぜこれについて書こうかと思ったかというと
ツイッターのタイムライン上では

「観光庁との決裂」や
「実質日本からの撤退」
「日本の失策」

と評価されるのが目立ったから。

果たして本当にそうなのでしょうか?

 

見る角度によって変わる物事への評価。

まず、僕が初めてこの記事を読んだ時の率直な感想はというと

「素晴らしい、よくやった!
しかし、ニュアンスが少し同情を匂わせるな。。」
というところでした。

 

先にはっきりさせておきたいことですが
Airbnbの問題点というのはたった一つ
「許可を得ていない場所に、有料で宿泊させる(仲介)」
が横行していること。

とても簡単な話で、誰かを有料で宿泊させるには
今までは旅館業の許可を取らなければいけなかった。
許可を取らずに泊まらせればそれは違法

 

僕のような個人のゲストハウスオーナーは
大抵それなりの借金をして
自分の理想のゲストハウスを作るべく
何ヶ月もかけて物件を探し
半年かけて工事をして
きっと必ず許可が取れると信じ(←ここ切実)
宿が完成した後も役所に1〜2ヶ月待たされ
本当にようやく、やっとの思いで開業にこぎつけました!!
(書いてるだけで思い出して篤くなってくる・・・!!(;o;)

 

しかし、違法民泊というのは
そこらへんのめんどくさい話をすっ飛ばして
空き部屋を借りてAirbnbに登録すればそれで稼げちゃう。

 

へっ。

 

これだけでも許せないのに

悪質な民泊はゴミ出しでトラブル
騒音でトラブル
ついには民泊施設での痛ましい事件まで起きてしまい

世間にはそのイメージが全てホステル・ゲストハウスも
一緒くたにされてしまっています。(泣)

 

ここまで書けば、なぜ僕は「素晴らしい、よくやった!」
という感想を抱いたかは明らかですね。

 

 

日本が一方的にAirbnbを排除しようとしてる、という解釈

このプレスにも書かれているようにAirbnbは
「6月15日以降の予約については

許可が取れてない施設の予約は全てキャンセルされる」

となっていて、この命令を下した観光庁について批判的な意見が目立ちます。
しかし、これについても僕は当然だと思っています。

だって違法なんだもん。

法律っていうのはサービスがよければ許されるとか
そんなものでは全くないです。

違法状態のものになんらかの措置を下すのは当然なこと。

それが原因でAirbnbで予約を取っていた旅行者にトラブルが被っても
それはAirbnbが対応してしかるべきだと思う。

そこも踏まえて約11億円の基金を準備したAirbnbは本当に素晴らしい。


住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法は

決してビジネスとして成立する前提ではない。
あくまで、オンシーズンの宿泊施設不足の受け皿として機能させるために
180日という制約をつけられた法案です。

Airbnbというサービスを生かす生かさないではない。

日本でいかに民泊を安心、安全、有益に運営し、成立させるために
民泊新法が制定され、それに沿う形でAirbnbをはじめとした
民泊仲介業者がサービスを提供するべきだと思う。

 

宿泊業というものは厳しくて当然

例えば飲食店の許可申請は
規模にもよるかもしれないが
僕の知る限り申請してから1週間程度で取れるそうです。

一方、僕が取得した旅館業の許可は
申請してから1ヶ月以上待たされました。

それは、宿泊施設というのは一晩人の命を預かるため
建物の構造や防火設備など
隅々まで慎重に検査するからだと認識しています。
(飲食店を軽視しているわけではありません。)

なので、そういった検査を全く行っていない
違法状態の施設を一掃することは

当然のことだと思いました。

 

 

 

しかし謎なのが

Airbnbで違法民泊が一掃され
8割もリスティングが削除されたのに

相変わらずウチの宿がガラガラなのはナゼだ!!!?

(;o;)(;o;)(;o;)