期待を超えるラ・コリーナ。

イタリアンのオーナーと鉄オタの旅

先日、西陣にあるイタリア料理店のオーナーと二人で
近江八幡に行ってきました。

 

彼は鉄オタなので
今回僕は彼の気晴らしに同行。

近江八幡からローカル線に乗って
100年前に建てられた新八日市という駅を見に行きました。

 


暴風雨。

 

改札を出て

 

台風の猛威に晒され50m歩いて駅へ戻りました。

 

その後、近江八幡に戻り
バウムクーヘンで有名なクラブハリエへタクシーで向かう途中
その運転手のおじいちゃんが
観光タクシー並みに町並みを案内してくれました。

なんか得した気分でめっちゃ楽しかった。

やっぱ旅行者は現地の人が話す情報は
ネットで読むより価値を感じる気がしますね。

 

 


クラブハリエ到着。

 

入ってみると

女子、女子、女子、カップル、そして女子。

どこを見ても野郎二人組はいません。

それでも二人でお土産購入。

 

さらに近くのメンターム工場へ。


この写真需要あるんか?

 

暴風の中

 

男二人

 

メンタームの歴史を紐解く。

 

八幡山へと続くロープウェイもあったのだけど
台風の影響でもちろんストップ。

 

その日はそれで終わり、
京都へ戻りました。

 

近江八幡第二弾、嫁とラ・コリーナへ。

そして一月経ち

昨日

今度は奥さんを連れて再び近江八幡へ。

 

今回はロープウェイにも乗りたかったし

あと、ラ・コリーナというお菓子やさんが一番の目的でした。

 

ロープウェイはものの5分だけでしたけど
なかなかの見晴らしで楽しめました。

 


いい天気でした。

 

下山して

そこからさらに15分歩いたところに

ラ・コリーナはあります。

 

 

正直、ネットで見た写真は3倍くらいよく見えてるやろ。
こんな僻地で、実際は多少寂れてるやろ。

くらいに思っていましたが

いい意味で裏切られました。

入り口から少し歩くと、

草原に何本もの小さな道がメインのお店へと続いています。

 


急にインスタっぽくてすいません。

 

そのメインの建物の屋根にはびっしりと芝が覆っています。

近づいてみると屋根からポタポタと水が落ちています。

 


気持ちよく感じる程度の水の滴り具合。

 

芝を枯らさない為に散水機のようなものが屋根にあるんだと思いますが

この絶妙な水の滴り具合と

「ポチャポチャポチャ」と落ちる音が

なんだか心を落ち着かせてくれます。

店内も天井が高く、

ゴミ箱が乳搾り用の大きなバケツだったり

いたるところにこだわりとセンスを感じました。

 

そのメインの建物を通り抜けるとさらに屋外には回廊があり

ホットドックなどの軽食やおしゃれなカフェ

また映画のセットのような内装のショップなど。

さらには僕の憧れのVWバスまで!

 

僕の期待をはるかに超えた

むしろ大いに影響されてしまうほど魅力的な場所でした。


ちゃっかり本も購入。

 


「いや〜ついに買っちゃったよ」の図。

 


「ついでにこれも買っちゃったよ」の図。

 

京都からすこし距離があるけど

1時間半もあれば十分いけます。

しかもすごいのが

アミューズメントパークとかではないので

何も買わなくても入ることができます!

(もちろん買うけど!)

たまにリフレッシュしたい場所としてはとてもいいところでした!

 

スズキゲストハウスも外観芝で覆ったろかな。。

久々に期待を超える、とてもよい場所に巡り会えました。

 

あ、あと、2回ともランチで近江八幡駅の近くのお店に入ったんですが

「すいれん」という料理屋。
ここもすごいおすすめです!

ランチは1000円しないですごく美味しいてんぷら定食とかあります。

今回は奮発して近江牛のすき焼き定食と刺身定食で4000円程度でした。


うまー。

 

いろいろたいへんなこともありますけど
たまにはリフレッシュして
またお仕事頑張りましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA