2018年。

2018年は、good hostels kyotoに始まり
good hostels kyotoで締まった年だった。

 

昨年末、いま屋ホステルの今井さんと
good hostels kyotoについての企画を持ち上げ

 

今年に入ってから
西陣の”梅夜”さんと”木音”さん
それに錦の”Hostel Ebi”さん
四条堀川の”Fairfield House”さんと
丹波口の”Kyoto Compass”さん”平旅籠ひばり”さん
それから太秦の”HAT’N HAT HOSTEL”さん
そして五条の”錺屋”さん。

 

一つ一つの宿に出向き
不躾ながら数枚の企画書をお渡しし
企画に賛同していただいた。

 

月に数回のミーティングを重ね
公式websiteの打ち合わせや
オリジナルグッズの制作
またお互いを知るため
それぞれの宿を見て回ったり
テレビや新聞の取材も受けた。

 

一方で、お誘いした宿から辞退を受けたり
残念ながら脱退されるお話を受ける事もあった。

 

また個性豊かな経営者をまとめる事に
肩を入れすぎて
必要以上に神経質になることもあった。

 

そんな中で
それぞれのオーナーさんと
何度も会って話をし
意見や考えをぶつけ合いながら
一年間進めてきた。

 

そんなこんなで先日
good hostels kyoto 忘年会をした。

これがとても楽しかった。

 

僕にとってそれは
今年一年やってきたことが
全て肯定された気がしてとても嬉しかった。

 

感謝。

 

来年は今年以上に楽しい忘年会をしなければいけない。
「去年の方が楽しかった」
なんて思わないように。

 

そして来年は
内容と実績の両方で結果を出さなければいけない。

 

増え続ける宿に埋もれず
小さいながらも個性あふれるステキなホステルが
もっと多くの方に知ってもらえるように。

 

「京都に行くならgood hostels kyotoでしょ。」
と言われるように。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

京都は宿不足という状況をとっくに打破し
供給過多の状況へ突入しました。

事実、多くの宿の稼働と値段は下がり
廃業を余儀無くされる宿も増加しています。

おそらくこのまま何もしなければ
個人経営の小さな宿は減っていき
京都市が求める高級ホテルや旅館
または経費を極限まで削ぎ落とした
アパートメントばかり残るでしょう。

しかしそれは日本経済の仕組み上あるべき姿であり
悲観してる場合ではありません。

宿が供給過多なのは事実ですが
外国人観光客が増え続けているのも事実です。
また日本人にも沢山の潜在顧客がいると思います。

そうであれば
アットホームなホステルというニッチな土俵で
良質なグループを作り
みんなで声を張って見つけてもらえば
まだまだ集客の可能性はあると考えています。

単純です。

 

今年は京都以外でも
様々な都道府県の宿泊施設の方々と
面識を持たせていただき
大変お世話になりました。

 

来年もしっかり睡眠とりながら
気張って参りますので

どうぞ宜しくお願い致します。

スズキ