コロナ禍を抜けて。

みなさんこんにちは。
本当にブログを続けるのって一筋縄にはいきませんね・・・
 
さて、近況報告になります。
 
コロナ禍になって3年半ほど経ち、先月、ようやく外国からの個人による観光目的の来日が解禁されて、先日、約3年半ぶりの満室となりました。
今日も、デンマーク、韓国、アメリカと言った国のゲストに利用していただいてます。
 
また全国旅行支援の影響もあり、コロナ禍になってから始めたペットプランによる家族でも利用も多くいただいてます。
 
 
ゲストハウスっていうものの魅力(だと勝手に思っている)の一つに、「ゲストとの距離感の近さ」があります。
 
僕はあまりズケズケと入り込んで「さぁ!飲もう!!」というタイプではないのですが、必要であれば応えるタイプで、先日もあるゲストさんからの要望に応えているうちに、彼の深い事情を聞き、結果半月ほど延泊してくれて、最終的に「この宿を選んで良かったです。」と言っていただきました。
 
個人事業って自分の判断が全てで、コロナ禍でも幾度となく廃業のタイミングを伺っていました。
 
しかし、この3年本当に色々考えて行き着いたのは、結局ゲストハウスが好きということでした。
 
そして、利用していただいたゲストさんにそのような言葉をかけていただけたことは、宿オーナー冥利に尽きるというものであります。
 
 
自分の好きなことで稼ぎ、生活していくことができるとすれば、それは本当に幸せなことだと思います。それが叶っていることは本当に素晴らしいこと。
 
あと、これは年齢を重ね、今まで「無限」に感じていた時間に「タイムリミット」を感じ始めたことで「やりたいこと」がさらにクリアになってきました。
「いつかやりたいな」と思っていたことが「周りを気にしてる場合じゃない、さっさとやらねば」という思考に変わってきました。
 
なので来春は新しいことにまた挑戦していきたいと考えています。
デザインのお仕事もいただいて、これもとてもやりがいを感じてます。
このコロナ禍、宿オーナー同士励ましあったり、東京の友人から心配の声をかけもらったり、大家さんにも大変篤いご厚意を受けたりと、たくさんの方に支えていただいてなんとか続けてくることができました。
本当にありがとうございました。
 
まだまだ心配事は絶えませんが、きっと底は抜けたと信じてます。
 
 
円安です。
 
ここからは、前傾姿勢で稼がせていただきたいと思います。
あ、最後に少し宿屋らしい耳寄り情報を。
 
少し触れましたが、全国旅行支援。楽天トラベルやじゃらんでは京都府は予算が無くなり終了となっていますが、予約サイトを通さずに、宿泊施設に直接予約を申し込めばまだ適用できます。
 
宿に振り当てられる予算は、各自治体ごとに管理しているからです。
もちろん「全国旅行支援」に登録してる宿に限りますが、もし利用したいのであれば一度メールや電話で「全国旅行支援使えますか?」と問い合わせてください。
 
もちろん当店も使えますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA