住み込みスタッフ募集しております。

2023年1月現在、当宿では住み込みのボランティアスタッフを2〜3名募集しております。

主な業務は清掃です。桜シーズンや夏休み、または外国人観光客が本格的に戻ってきた際にはチェックイン業務などの接客もしていただく場合があります。

 

 

 

 

【このお仕事に向いている人】

・京都で生活してみたい
・黙々と業務することができる
・犬が好き

 

 

【あるといいけどなくてもいいスキル】

・英語:高校レベルでOK。外国人とコミュニケーションを取ってみたいと言う気持ちがあると楽しめるかも。
・綺麗好き:清掃がメインなのでもちろんそのほうがいいですが、基本的には難しい業務ではないので問題ありません。

 

 

【向いてない人】

・他人と話すのが苦手
・時間が守れない
・動物が苦手
・トイレ掃除できない
・土日は休みたい

 

 

 

当宿は、小さな家族経営のゲストハウスです。
ポメラニアンが二匹いるので、たまに散歩も頼みます。
なので動物が苦手な方はご遠慮ください。

逆に犬好きの方はきっと楽しめます。

 

 

 

〈募集条件〉

・女性
・月13日、1日5時間勤務
・1ヶ月以上勤務できる方

 

 

〈待遇〉
・住み込みしていただく部屋はスタッフ同士の相部屋です。
・エアコン、Wi-Fi、洗濯機、シャワー、冷蔵庫、キッチン利用可能。

 

気になった方は、まずはお気軽にLINEまたはメールをお送りください!

 


suzukiguesthouse@gmail.com

ご応募お待ちしております。

チロに弟ができました。

昨年11月に5歳の誕生日を迎えたチロ。

 

人間で言うと30代後半・・・
とかよく言いますけど、イヌなんだから5歳は5歳です。
人間で言わなくていいんです。
いつだってkawaiiチロです。

 

そんなチロに
そろそろ兄弟が欲しいななんて思いを
昨年半ばくらいから持ち始めました。

 

私たち夫婦は子供を持たない選択をしており
なおかつ揃って「犬好き」なため
二匹目を迎え入れたいという考えも共通していたので
すんなりと決断しました。

 

と言うことで
この度、チロの弟「ニコ」を迎え入れました!

 

チロと同じ白ポメです

 

違う犬種にせんかったんや。
そんな声も聞こえてきそうですが

 

そこは正直少し悩みました。

 

ですが、チロと過ごした5年で
すっかり白ポメに対する異常な愛着が沸いてしまい
「やはりうちは白ポメ!」
と言う謎のブランディングに囚われ
このような結果となりました。

 

と言うことで!

 

今後は兄ポメの「チロ」
そして弟ポメの「ニコ」を
どうぞ宜しくお願いします!

 

 

ちなみに、チロはすっかり大人になり
礼儀作法、接客の極意についても僕以上にできるようになったので
お呼びだていただければ基本的に飛び出して参りますが

 

ニコに関してはまだまだオムツの外せない未熟者でございますゆえ
ご挨拶できない場合もあるかと存じますので
その点だけご理解いただければ幸いです。

 

と言うことで、改めまして2023年も
スズキゲストハウス、ゲストハウスみやこを
宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国旅行支援も参画中です!
「ペットプラン」「ドミトリープラン」
どちらでも対応いたしますので
お気軽にお問い合わせください!

 

suzukiguesthouse@gmail.com

2022年を振り返って。

2022年も残りわずか。

 

今年もやはりコロナの影響を受けたまま始まりましたが、自分なりに新しい挑戦へとチャレンジするきっかけを作ることができたので、2023年はそれを形にして行けたらなと思っています。

 

宿業はというと、やっとコロナの影響が薄れ始め、夏ごろから日本人のゲストさんたちにご利用いただけるようになり、秋には海外からのお客さんも増え、少しずつコロナ前の状況に戻りつつある気がします。

 

しかし、世界的に見るとまだまだ予断を許す状況ではなく、「来年の春頃には元通りだ!」なんて淡い期待を寄せていましたが、まだまだ気を抜ける状況ではないなというのが本心です。

 

それでも今年は、このコロナ禍で始めたペットプランを本当にたくさんの方々、そしてワンちゃん猫ちゃんたちにご利用いただけてとても嬉しく思っております。

 

元々世界中から旅人が集まるバックパッカーホステルとして開業したのですが、その名残りである二段ベッドを、家族で泊まりに来た子供たちがとても喜んでくれたりして、なんでもやってみるもんだなぁなんて勝手にホクホクしたりしています。

 

コロナが落ち着いたらペットプランはやめちゃうんですか?なんていうお声をいただいたりもしますが、時期や需要に合わせて、今後もドミトリー利用とペットプランでの販売をフレキシブルに継続して行けたらなと思っています。

 

2023年はどんな年になるのでしょうか。景気の悪い話ばかり耳に入ってきますが、自分の努力次第できっと打開できる、逆にいうと自分次第で良くも悪くもなると考えているので、しっかり地に足をつけ、新しい事に挑戦しつつ、今まで育ててきたものもしっかりと大切にしていきたいと思います。

 

皆様にとっても素晴らしい年になりますように。
幸せでありますように。

 

良いお年を。

コロナ禍を抜けて。

みなさんこんにちは。
本当にブログを続けるのって一筋縄にはいきませんね・・・
 
さて、近況報告になります。
 
コロナ禍になって3年半ほど経ち、先月、ようやく外国からの個人による観光目的の来日が解禁されて、先日、約3年半ぶりの満室となりました。
今日も、デンマーク、韓国、アメリカと言った国のゲストに利用していただいてます。
 
また全国旅行支援の影響もあり、コロナ禍になってから始めたペットプランによる家族でも利用も多くいただいてます。
 
 
ゲストハウスっていうものの魅力(だと勝手に思っている)の一つに、「ゲストとの距離感の近さ」があります。
 
僕はあまりズケズケと入り込んで「さぁ!飲もう!!」というタイプではないのですが、必要であれば応えるタイプで、先日もあるゲストさんからの要望に応えているうちに、彼の深い事情を聞き、結果半月ほど延泊してくれて、最終的に「この宿を選んで良かったです。」と言っていただきました。
 
個人事業って自分の判断が全てで、コロナ禍でも幾度となく廃業のタイミングを伺っていました。
 
しかし、この3年本当に色々考えて行き着いたのは、結局ゲストハウスが好きということでした。
 
そして、利用していただいたゲストさんにそのような言葉をかけていただけたことは、宿オーナー冥利に尽きるというものであります。
 
 
自分の好きなことで稼ぎ、生活していくことができるとすれば、それは本当に幸せなことだと思います。それが叶っていることは本当に素晴らしいこと。
 
あと、これは年齢を重ね、今まで「無限」に感じていた時間に「タイムリミット」を感じ始めたことで「やりたいこと」がさらにクリアになってきました。
「いつかやりたいな」と思っていたことが「周りを気にしてる場合じゃない、さっさとやらねば」という思考に変わってきました。
 
なので来春は新しいことにまた挑戦していきたいと考えています。
デザインのお仕事もいただいて、これもとてもやりがいを感じてます。
このコロナ禍、宿オーナー同士励ましあったり、東京の友人から心配の声をかけもらったり、大家さんにも大変篤いご厚意を受けたりと、たくさんの方に支えていただいてなんとか続けてくることができました。
本当にありがとうございました。
 
まだまだ心配事は絶えませんが、きっと底は抜けたと信じてます。
 
 
円安です。
 
ここからは、前傾姿勢で稼がせていただきたいと思います。
あ、最後に少し宿屋らしい耳寄り情報を。
 
少し触れましたが、全国旅行支援。楽天トラベルやじゃらんでは京都府は予算が無くなり終了となっていますが、予約サイトを通さずに、宿泊施設に直接予約を申し込めばまだ適用できます。
 
宿に振り当てられる予算は、各自治体ごとに管理しているからです。
もちろん「全国旅行支援」に登録してる宿に限りますが、もし利用したいのであれば一度メールや電話で「全国旅行支援使えますか?」と問い合わせてください。
 
もちろん当店も使えますよ!!

6周年。

なぜ今自分が宿運営を続けていられるのか不思議なくらいですが、6回目の周年を迎えてしまいました。

そう、本日3月1日はスズキゲストハウス6周年の日でございます。

コロナだけでもやんなっちゃうんですが、まさか戦争まで巻き起こるだなんて本当に困っちゃいます。

 

ただ、困ってばかりもいられません。

ぼんやりしていても時間ばかり過ぎていってしまいます。

 

なんとかせねば。

とはいえ、決定的な解決策や集客につながる打開策も見出せず、一朝一夕で思いついたアイデアを検討してみても、正直うまくいくとも思えず。

もっと本腰を据えて、スズキゲストハウスにとって大きな武器になるような何かを用意しないと、この状況は打開できない・・・

そんな思いもあり、配達の仕事もいい加減しんどくなってきたこともあり、、年末から京都市内の喫茶店で働き始めました。

 

 

ーーーーーーー

 

先日、スズキゲストハウスのLINEにこんなメッセージが届きました。

 

「ドッグカフェやらないんですか?」

 

いや

百歩譲って「ドックカフェもやってますか?」

ならわかります。

 

ドックカフェ、やらないんですか?て。

 

なに?開業の勧め?

 

 

ただ

実は前々から、スズキゲストハウスの1階のフリースペースでカフェ的なものをやれないかなぁという思いはありました。

でも飲食って、始めるのは簡単でも続けるのって難しい(3年以内に7割潰れる)し、そもそも経験もない自分がやること自体浅はかとしか思えず、一歩踏み出せずにいました。

いやしかし、経験がなければ積めばいい!

時間だけは余るほどあったので、この際修行じゃ!となぜかテンションが上がっていた時に見てたインスタに、とある喫茶店が「アルバイト募集!」!!!

これはもうやるっきゃない・・・

しかもその喫茶店は、10年前に東京から京都に出てきた時、初めてお世話になった人が経営する喫茶店でした。

なんの恩返しもできずにいたこともあり、この機会に力になれればとDMを送ったところ、即採用していただきました。

 

そんなこんなで、去年の年末から喫茶マドラグさんで働かせていただいております。スケベだけど尊敬できる社長や、めちゃめちゃ注意指摘してくれる高校生の先輩、「カフェインて粉ですか?」とか言ってる愛すべき女子大生など、修行する上でこの上なく恵まれた仕事環境だと日々感じております。

 

どんな経験を積んで、何ができるようになるかはわかりませんが、しっかりと勉強させていただいて、なんとか宿を維持し、近い将来、新たに大きな魅力を携えた「新スズキゲストハウス」をオープンできる日を信じて・・・

7年目も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

Pray for Ukraine