Airbnbのプレスについて思ったこと。

お久しぶりですスズキです。
前回アップしようとしたブログが書いた後
ブラウザのエラーで全てすっ飛んでから
しばらく更新が途絶えていました。

お察しください。。。f(-_-;)

 

今日はツイッターで少し話題になっている
Airbnbのあるプレス内容について
僕の思うところを書いてみたいと思います。

プレスの内容はこちら
「日本へのご旅行を予定されている
ゲストの皆様へのサポートについて」

なぜこれについて書こうかと思ったかというと
ツイッターのタイムライン上では

「観光庁との決裂」や
「実質日本からの撤退」
「日本の失策」

と評価されるのが目立ったから。

果たして本当にそうなのでしょうか?

 

見る角度によって変わる物事への評価。

まず、僕が初めてこの記事を読んだ時の率直な感想はというと

「素晴らしい、よくやった!
しかし、ニュアンスが少し同情を匂わせるな。。」
というところでした。

 

先にはっきりさせておきたいことですが
Airbnbの問題点というのはたった一つ
「許可を得ていない場所に、有料で宿泊させる(仲介)」
が横行していること。

とても簡単な話で、誰かを有料で宿泊させるには
今までは旅館業の許可を取らなければいけなかった。
許可を取らずに泊まらせればそれは違法

 

僕のような個人のゲストハウスオーナーは
大抵それなりの借金をして
自分の理想のゲストハウスを作るべく
何ヶ月もかけて物件を探し
半年かけて工事をして
きっと必ず許可が取れると信じ(←ここ切実)
宿が完成した後も役所に1〜2ヶ月待たされ
本当にようやく、やっとの思いで開業にこぎつけました!!
(書いてるだけで思い出して篤くなってくる・・・!!(;o;)

 

しかし、違法民泊というのは
そこらへんのめんどくさい話をすっ飛ばして
空き部屋を借りてAirbnbに登録すればそれで稼げちゃう。

 

へっ。

 

これだけでも許せないのに

悪質な民泊はゴミ出しでトラブル
騒音でトラブル
ついには民泊施設での痛ましい事件まで起きてしまい

世間にはそのイメージが全てホステル・ゲストハウスも
一緒くたにされてしまっています。(泣)

 

ここまで書けば、なぜ僕は「素晴らしい、よくやった!」
という感想を抱いたかは明らかですね。

 

 

日本が一方的にAirbnbを排除しようとしてる、という解釈

このプレスにも書かれているようにAirbnbは
「6月15日以降の予約については

許可が取れてない施設の予約は全てキャンセルされる」

となっていて、この命令を下した観光庁について批判的な意見が目立ちます。
しかし、これについても僕は当然だと思っています。

だって違法なんだもん。

法律っていうのはサービスがよければ許されるとか
そんなものでは全くないです。

違法状態のものになんらかの措置を下すのは当然なこと。

それが原因でAirbnbで予約を取っていた旅行者にトラブルが被っても
それはAirbnbが対応してしかるべきだと思う。

そこも踏まえて約11億円の基金を準備したAirbnbは本当に素晴らしい。


住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法は

決してビジネスとして成立する前提ではない。
あくまで、オンシーズンの宿泊施設不足の受け皿として機能させるために
180日という制約をつけられた法案です。

Airbnbというサービスを生かす生かさないではない。

日本でいかに民泊を安心、安全、有益に運営し、成立させるために
民泊新法が制定され、それに沿う形でAirbnbをはじめとした
民泊仲介業者がサービスを提供するべきだと思う。

 

宿泊業というものは厳しくて当然

例えば飲食店の許可申請は
規模にもよるかもしれないが
僕の知る限り申請してから1週間程度で取れるそうです。

一方、僕が取得した旅館業の許可は
申請してから1ヶ月以上待たされました。

それは、宿泊施設というのは一晩人の命を預かるため
建物の構造や防火設備など
隅々まで慎重に検査するからだと認識しています。
(飲食店を軽視しているわけではありません。)

なので、そういった検査を全く行っていない
違法状態の施設を一掃することは

当然のことだと思いました。

 

 

 

しかし謎なのが

Airbnbで違法民泊が一掃され
8割もリスティングが削除されたのに

相変わらずウチの宿がガラガラなのはナゼだ!!!?

(;o;)(;o;)(;o;)

good hostels kyoto 宿巡りツアー!

こんにちは!スズキです!

先日の21日と、昨日の2回に分けて
good hostels kyoto 宿巡りツアーを行いました!

 

ghk宿巡りツアーとは。

good hostels kyotoは現在、京都市内の
10のホステル・ゲストハウスから成り立っています。

定例ミーティングを重ねて
競合施設ながらもアイデア・情報を共有し
コミュニケーションを取り合っています。

たとえば、オンシーズンで満室になって
さらに宿泊の問い合わせがあった時などは
good hostels kyotoのネットワークを活かし
まだ満室になっていない施設へ送客することもあります。
信頼し合える施設だからこそ
ゲストにも自信を持ってお勧めすることができます。

今後さらにそのネットワークを強化し
強固なもの、そして説得力のあるものにして行くべく
お高いの宿をもっと知るべきだという意見のもと

宿巡りツアーを企画、実施しました!

 

それぞれの豊富な個性を実感しました!

昨日のコースは

錺屋(五条)

Fairfield House(四条堀川)

平旅籠ひばり(丹波口)

KYOTO COMPASS(西大路七条)

 Hat’n Hat Hostel(太秦)

SUZUKI GUESTHOUSE(二条城)

木音(西陣)

梅夜(西陣)

HOSTEL Ebi(錦市場)

改めていろんな施設を回ると
それぞれの個性が光っていて
目から鱗のアイデアもたくさん!

その場で
「パクっていいですか?」「いいですよ」

というやりとりなどもありました。笑

 

人間性だけでなく、施設のポテンシャルも信頼し合える関係性

自分達自ら“good hostels”を名乗る以上
自らの宿はもちろんのこと
互いの施設もしっかりと評価し合い
お互いがリスペクトし合える関係性が重要です。
そういった関係性を築き上げるためにも
今回のツアーはとても意味のあるものだったと思います。

ツアーの締めくくりはgood hostels kyotoメンバーによる
始めての飲み会!

残念ながら参加できなかった方もいましたが
充実した一日となりました!

ソフト面となる公式ウェブサイトの公開はまだ先ですが
ハード面となる宿オーナー同士の信頼関係は
着実に強くなってい
ます!(^-^)

京都一の品揃えを誇る珈琲豆屋!

とある路地裏、そこに町家の一階を改築して作られた
小さなお店があります。

 

お店の名は「ニシナ屋珈琲」。

 

 

何を隠そう、このお店、スズキゲストハウスの2軒隣にあります。

豆は基本焙煎される前の状態で並んでいます。

 

 

ほしい豆があれば、店内にある焙煎機で焙煎し
焙煎したての珈琲豆を持ち帰ることができます。

 

 

今回は、販売されている中でも手頃な豆
コロンビアの「スプレモ」という豆を購入しました。

 

 


その焙煎にもいくつかランクがあり
豆ごとにオススメの焙煎具合も教えてもらえます。

 

 

注文をすると店長さんが焙煎機で焙煎してくれます。

 

 

 

焙煎自体数分で終わりますが、その間も店長さんが
あふれんばかりの珈琲知識を惜しげも無く話してくれるので
退屈することはありません。

 

さて、焙煎したての珈琲豆を手に入れました。
しかし、焙煎直後の豆は酸味が強く、すぐには飲みません。

最低でも24時間たってから淹れる方が良いとのこと。

 

翌日。

 

 

以前友達からもらった手動のコーヒーミルで
挽きます。

 

ぐるぐるぐるぐる。

 

 

今回学習したんですが
挽き具合にも色々あって
最高に細くなるように調整されていたせいで
たった2杯分の豆を挽くのに15分くらいかかってしまいました。

腕つりそうになった。

 

 

さて、だいぶ前に実家で手に入れたサイフォンの登場です。

 

4年前くらいはよく自分でサイフォンで入れていたんですが
それ以来、蜘蛛の巣貼りかかってました。

挽いた珈琲の粉をロートに入れ
サーバーにお湯を注ぎます。

そしてついに、サーバーの下に火をかけます!

 

 

少し待てばお湯がロートの管を登っていき
コーヒーの粉と混ざります!

 

(なぜか書きながら興奮。。)

 

そしてお湯が登りきったところで
やわらか〜く撹拌します。

 

 

火を外したら、混ざったコーヒーが濾過されて降りてきます。

 

 

そんな感じでおいしい珈琲の出来上がりです!

 

 

スプレモは酸味が弱く、すっきりとした味わいでした。

気まぐれで朝の珈琲として出そうかとも思いましたが
何せ慣れないと事故につながる可能性があるので見送り。

 

でも喜んでもらえそうなら
雨の日の朝、9時くらいから
「Slow morning coffee」とか言って
しゃれた感じで出すんならアリかな。とか思ってます。

 

もしコーヒー好きな方
勇気があれば

 

「裏メニューください」

 

って言ってください。

 

「エ?」

 

って顔するかもしれませんけど。

アベンジャーズ!

映画「エベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見てきました!

以下、ネタバレ注意でお願いします(^^;)

 

僕はなぜか子供の頃からスパイダーマンが好きで
今の様にマーべルの実写版映画が上映し始める前、中学生くらいの時に
格闘ゲーム「マーベルVSストリートファイター」にどハマりし
改めてマーベルヒーローズの格好良さにのめり込みました。

そして今から15年以上(!?)前に上映された
映画「スパイダーマン」を見て衝撃を受けました

スパイダースーツの質感の細かさや
NYを飛び回る臨場感
蜘蛛の糸を操った多彩なアクションは
今まで見たどんなアクション映画よりも最高で
全てが鳥肌ものでした。
(言うほど映画通でもありませんが)

その後もスパイダーマン3部作や
ハルクシリーズ
そして何より
漫画版ではあまりかっこいいと思っていなかった
「アイアンマン」シリーズに見事に心を撃ち抜かれ

「アイアンマン3」は僕の中でナンバーワン大ヒットしました!

その後も立て続けに描かれる
キャプテンアメリカ
ガーディアンズオブギャラクシー
ドクターストレンジ
などなど。。

そしてそんなマーブルシネマティックユニバースのお祭り映画
「アベンジャーズ」
第一弾も第二弾も、最高にカッコよかった!

そして今回、第三弾を見てきたわけですが
正直、過去の2つも最高に面白かったし
さらに今回は今までの様々な作品で描かれてきた
「サノス」という伏線を全て回収し一つの物語を仕上げていくとういう
「面白くないわけがない!」という、ある意味ハードル上がりまくりだったわけで
多少の肩透かしは覚悟して見に行きました。

 

結果

 

ヤッパリ最高!

 

なんやかんやでめちゃくちゃ楽しみにしていたので
できるだけネットニュースとかも目を避けていたので(ネタバレ防止のため)
ちょっと意外な展開も素直に驚けてよかった

そして何より

娯楽映画でここまで絶望感を抱かせられると思いませんでした。。。

本当、過去に類を見ないほど。。

 

そしてエンディング。
軽い倦怠感の中エンドロールを流し見していました。

スパイダーマン、アイアンマン、キャプテンアメリカ
いろんな映画が伏線となって
そしてたくさんのキャストが協力してこの作品が作られている

そしてこの作品全ての生みの親
スタン・リー

自分が生きているうちに
自分が生み出したキャラクターが漫画、アニメとなり
映画化され
そのどれもが大ヒットし
その全ての物語が結集した映画が上映された
(そして自分も出演する!)

そんな人生。

すごすぎる。

 

たくさんの人が関わるプロジェクト
その製作過程はどんなに大変なことだろう

それでも最終的にこうやって
たくさんのお客さんが劇場に足を運ぶ

 

そんな製作スタッフに一瞬羨ましいと思ってしまいました。

おすすめです。

今から京都で個人で宿を出したいならこうしろ!

「僕も京都でゲストハウスやりたいと思ってるんです。」

 

数ヶ月前になりますが、ある男性のお客さんが
そう言って相談をしてきたことがありました。

 

いろいろ話を聞いたけど
僕の率直な意見としては

 

「やめといた方がいいよ。」

 

 

理由としては、宿競争の激化や、値下げ競争が激しくなる中
初期投資として最低でも500万〜1000万かけて事業を行うには
今行動を起こしても理想的な宿経営は見込めない可能性が高いから。

 

ただ、可能性で言えば
理想的な宿経営ができる可能性はゼロではないと思う。

その可能性を限りなく大きくする手段を紹介します。

 

まずはワンオペ。

誰かを雇ったり、誰かと共同経営をしたり
または配偶者と二人で経営するという手段はやめておきましょう。

共同経営にはリスクがつきものです。
わかっていても、仲のいい友達や夫婦での楽しい毎日を想像し
「二人でやろう!」
という気持ちになるのもわかりますが
お金が関わってくる以上、最悪場合二人の関係を崩すことになりかねません。

100歩譲って、一方が雇い主(100%出資)で
もう一方を雇用するという
関係をはっきりさせておき
なおかつうまくいかなくなった時はクビにする覚悟も持った上で
二人で始めるならなくはないかもしれませんが
最初から人件費が発生するとなるとやはりナシでしょう。

 

物件は京町家。自分の足で探そう。

大事な物件ですが、不動産屋の広告や
ネット、店舗前広告に頼るのはやめましょう。

表に出てる物件はすでに売れ残ったもの。
優良物件は表に出る前にお得意先などに持ってかれています。

なので、京都中をくまなく歩き回り、誰も住んでいなそうな
まだ「賃貸」や「販売」の看板が出ていない物件を探しましょう。

いい感じのものがあったら、不動産会社に連絡し
オーナーを探してもらい、交渉します。

運が良ければ業者に揉まれる前の、叩き売りの賃貸料で借りられるかもしれません。

 

ドミトリーはやめましょう。

若干自虐的ではありますが
ドミトリーはやめましょう。

もしくは、個室、ドミトリーの両方で販売できるような部屋を
一つだけ作るのはありかもしれません。

ゲストハウスといえばドミトリーですが
はっきり言ってその需要は下がり、競争も激化しています。

4人収容のドミより、2or3名収容の個室の方が稼働も見込まれますし
予約管理や清掃もずっと楽になります。

 

100%自己資金!

はっきり言って、これが行けるなら
可能性はグンと大きくなります。

改装費は300〜500万以下におさえ
空家賃は交渉でオープンまで待ってもらうことができれば
600〜800万程度の資金で開業は見込めます。

 

優良な工務店を探しましょう。

これもとても大事です。

工務店によって施工費もかなり変わってきますし
旅館業法を熟知しているかどうかも大切です。

3社以上に見積もりを取り
それぞれ過去に簡易宿所の経験があるかどうかなど
しっかりと見極める必要があります。

また、不動産屋に関しても言えることですが
自分でゼロから探すだけではなく
誰かに紹介してもらうのも一つの手だと思います。

 

一番大事なのは物件と自分自身。

他にもあげればキリがないですが
やはり大事なのは物件と自分自身。

宿泊業をワンオペでやるとなると、休みはありません。

オフシーズンにまとまった休みを取ることはできるかもしれませんが
開業年などはそんなことも言っていられません。

 

以上、これを読んで

「よし!イケる!!」

と思ったら
トライしてみてもいいかもしれません。

 

が、あくまで個人の見解です。
もちろん成功は保証しませんのであくまで自己責任でおきばりやす!
(゚O゚)\(- -;