繁忙期のAirbnbの利用法。

ごりごり経営者目線のブログです。

 

さて、3月後半から4月にかけて、京都は繁忙期を迎えています。
身も心も寒い時期を乗り越えて、まさに春です!!

 

予約に関して、うちでは幾つかのOTAと契約し
ねっぱんを利用して一括管理していますが
唯一例外なのがAirbnb。

 

Airbnbはねっぱんと連動していないので
そこの調整が非常に難しいのですね。

 

この繁忙期でも、ドミトリーはひと月前になってもなかなか埋まりません
そこで、一番入りやすいBooking.comで早めにある程度予約を埋めていきました。

 

そこそこ埋まってきたらねっぱんを売り止めして
Airbnbで「いつでも予約」に設定し、残りを販売しました。

 

すでにBooking.comでそこそこ埋まってるので
もし万が一埋まらなかったどうしよう。。という
最低限の心配は払拭されています

 

そして繁忙期が近づいてくるとAirbnbでの予約が入り始めます

それと同時に、早くから取っていたBooking.comの予約がキャンセルし始めます
Booking.comから予約する方は、「とりあえず抑えとこ」というお客様が少なくありません。

 

なので、ぽこぽことキャンセルが出始めます。

 

しかし、ねっぱんは売り止めしてるのでまたBooking.comから入ることはありません

 

空いた穴は、Airbnbの「いますぐ予約」が埋めていきます。

 

結果的に今回の繁忙期の半分以上がAirbnb経由での予約になり、

例年の繁忙期はBooking.comからのどでかい手数料の請求が
唯一の憂鬱の種だったんですが

今回はそこまで大きなものになりそうにもありません。

 

さらに、Airbnbは基本事前清算なので
ノーショーというこれまたどでかい憂鬱の種もほとんどありません。

 

ねっぱんとAirbnbはいまのところ同期できませんが

Airbnbはうまく利用すれば宿側にとってもとても心強いOTAの一つになりました。
目標は、今後予約の半数をAirbnbから入れたいですねー。

 

以上、民泊撲滅委員会副委員長のスズキでした。

選択肢としてのホステル。

確定申告が終わって完全に燃え尽き症候群のスズキです。

 

かれこれ10日間くらい燃え尽きてます。
もはや灰です。

 

ハイです。

 

Highです!!

 

 

 

近頃、宿泊施設の近代化がやばいです。

そもそも近代化って言葉は10年以上前から聞くけど
もはや現代化?ドラえもんはもうできた?アトムは?ガンダムは?

 

先日、good hostels kyoto 仲間で、いま屋ホステルの今井さんと
「ザ・ミレニアルズ」という、名前からして近代化してる宿に泊まってきました。

僕の世代だと、バックストリートボーイズが
2000年あたりに「ミレニア」っていうファーストアルバム出したことを考えると
ミレニア“ル”ってなんやねん!って突っ込みたくなる人は少なからずいるはず。

彼らももう40歳近いと思うと
「グループ名に“ボーイズ”つけたの失敗やったー」
ってメンバーの誰かが思っているはず。


(ドーン)

 

話が逸れましたが
「ミレニアルズ」の何が近代的だったかというと

まず、チェックインの際の案内は、もちろんスタッフもいるけど
「こちらをご覧ください」
と言ってiPadのムービーを見せられる。
館内の説明はそれでまかなっている。

さらに、鍵と一緒に渡されるのがiPod touch
何に使うかというと、室内の電気や、リクライニング式ベッドの調整を
このiPodで行うのだ。

 

へーーーー。

 

って感じ。

 

正直、僕の中ではそれらのすごさより
アメニティ類の充実とか(←この「とか」に10個くらいすごいことが詰まってます。)
の方が「すげー」って思ってしまったけど。

 

おそらくこれからの時代
さらに現代的な宿泊施設ができてくると思うけど
ある意味かの有名な変なホテルがその最終系かもしれない。

ようするに
チェックインはタブレットでセルフチェックイン。
スタッフはロボット。
清算はクレジット前清算。
室内での照明などはスマートスピーカーで声で操作。
現場で働く人間は警備員とお掃除さんだけ。

収益最優先にすればそういうことになっていくでしょう。

これが先進国日本の宿泊施設の未来系。

 

 

でもね。

僕はそういうん興味ないんです。

ホステル、ゲストハウスっていうのは
もっとこう、ガシャガシャしてて
人間味があって
月並みだけど
結局いろんな意味で温かみがあるっていうのは

何にも変えがたい魅力だと思うんです。

 

だけど、理想だけを掲げていては

数十年前、近くに大型スーパーができて潰れてしまった
商店街のあの八百屋のように。。

その文化はなくなっていってしまうかもしれない。

けど、今と数十年前と違うのは

インターネットという、大企業でも個人でも平等に使える技術があり
集客する方法はアイデア次第で無限にあるということ。

それをしっかり活用すべきだし
それができないとすぐに時代に取り残されていってしまう

ホテル建設ラッシュの影に埋もれることなく
むしろこの流れに乗って、優良なホステル・ゲストハウスがもっとアピールをして
ホテル、旅館という選択肢の他に、もう一つ”ホステル”という選択肢を全国的に認知させる
それもgood hostels kyotoの野望です。

 

いつまでも燃え尽きてる場合じゃなかったーヾ(`ε´)ノ

2018年3月1日。

です。

 

日々いろいろあるのですが

 

日記が更新できないのは全て確定申告のせいです。

 

頭がいたい。。。

 

日記って書きたいことがあって
書き始めることはよくあるんだけど

書き終わる前にまとまらなくなって
そこで筆が止まって下書きが増えるって言うパターン
結構あります

 

例えば

ど偉い酒場のおっちゃんと知り合った話とか

イケイケな宿泊施設に潜入捜査した話とか

イヌを飼った話とか

good hostels kyoto のこととか。

奥さんと喧嘩した話とか。

 

 

あったかくなってきたので
また夜のランニングを再開しようかな

 

そのためにも
早く確定申告を終わらせないと、、、

 

中身のない日記でした。

 

30年来の付き合い。

先日、地元の友達夫婦が京都に出てきたので
1日京都を案内しました。

 

友達というのは、もはや初めて出会ったのがいつなのか覚えていない
おそらく幼稚園に入る前からの、いわゆる幼馴染。

 

彼女とは、幼稚園から高校まで同じ学校で過ごした。
しかし、仲が良かった(と勝手に思っている)のは、幼稚園と高校の時。

小、中はほとんどしゃべることもなかったと思う。
お互い興味がなかったんだろう。

 

しかし、さすがに同じ高校に進むとわかった時は
妙な胸騒ぎがした。笑

 

小、中と同じクラスになったことがなかったのに
高校の1年で同じクラスになり、
割と仲良くなった。

 

初めて女の子から夏祭りに誘われたのも彼女だった。
しかし僕は、照れて友達との約束を優先し、後からその友達に
「バカお前なんで行かねーんだ!」とどやされた。

 

ここからが面白い。

 

ある日、彼女に彼氏ができた。
学校の人気者で、実はそいつは今でも親友の(A
)だ。

 

3人でうちに来て遊んだりもした。

 

二人の紹介で僕に女の子をセッティングしてくれたこともあった。
その子は僕のことを気になっていたらしいが
僕はそんな日に限って4人で会う前にゲーセンに行き
財布を落とすという失態を犯した。

 

もちろんその子とはそれっきりだ。

 

(僕は大事な時によく失態を犯す)

 

彼女が(A)と別れたた後、今度は別の親友(B)と三人で
夜、中学校のプールに忍び込んで遊んだこともあった。青春。

 

ややこしい話だが、その後彼女は親友(A)とよりを戻したんだけど
実は彼女は(B)のことも好きだったらしい。

 

月日は立って。。。

 

2010年、僕が東南アジアの一人旅から帰ってきたある日
彼女に誘われ実家近くにできた居酒屋に連れてかされた。

 

後日、彼女はそこの店長と付き合い、今の旦那になったわけだけど
そいつは今では僕の親友(C)となった。笑

 

実は僕が京都に出てくる時
「僕が先に京都経験を積むから、3年後にお前も来て、居酒屋併設のゲストハウスを作ろう」
というなかなかドラマチックな約束をした。

 

しかし、現実はそううまくいくもんじゃなく
親友(C)は彼女と結婚し、子供ができた。

 

それでもだ。

 

親友(C)は今、京都に進出するために物件を調べて欲しい
と僕に頼み、今回は京都の飲食店事情を視察するために京都にやってきたのだ。

 

ここまでいろいろ書いたけど、
結局何が言いたいのかって?

 

 

彼女は、一度でも僕に気があったことはあんのか?ってことだ!

 

 

僕の周りでチョロチョロしやがって!!!

 

違うか。

 

個人的に感慨深いものがありました。

高校の頃は、そのありがたみに気づかず邪険に扱い
ブッチされたこともありました。


しかし30年経ってもこうして会える幼馴染がいるってことは
何物にも代えがたい財産だということを言いたいのでした。

 

 

真夜中

夜、奥さんも寝て
後は寝るだけ。という状態になると
その日の中で一番物事に集中できる状態になる。

 

リトルモアから出版されていた
「真夜中」という雑誌があった。
調べてみると、もう7年も前に休刊してしまっていたようだ。

 

服部一成さんがアートディレクションを勤めていた
タイトルロゴと表紙のデザイン
またその「真夜中」というタイトルそのものの持つ得も言われぬ魅力が
他の雑誌とは一線を画し、自然と手に取ってしまっていた。

 

人がつい訪れてしまうwebsiteについて考えている。

 

別にそのサイトが好きなわけではない。
でもついついクリックしてしまう。
ブックマークバーに入れてしまう。

 

宮崎あおいが好きで、昔よくHPを見ていた。

トップページでは、エフェクト処理された宮崎あおいの動画が映り
ずっと聞いていても飽きない心地いいサウンドが流れていた。

だけどやっぱり、宮崎あおいのHPを見ることはすぐになくなった。

 

一方、昔も今も変わらず毎日のように見ているwebsiteは何かと言うと
やっぱりYahooだ。

別にYahooが好きなわけではない。
強いて言えばできるだけクリックしたくないとさえ思う。

でも見てしまうのは、結局はニュースが気になるから。
ではなぜニュースが気になるかというと、
話題性があるからだろう。

別に好きでもないサイトを見てしまう理由は
そこに情報があるからに他ならない。

 

ではgood hostels kyotoを大勢の人にたくさん見に来てもらうために
必要なことはなんだろう

good hostels kyotoはニュースサイトではないから
Yahooと比べるのはお門違いか

 

だとしたら、Booking.comやAirbnbに勝る
見易さや利便性、good hostels kyoto 独自の利用価値を考えなくてはならない。

 

京都という地域に宿を構える人たちだからこそできる
他の予約サイトにはできないサービス。

 

最近、毎晩そんなことを考えながら、真夜中を過ごしてる。