助成金は、諦めました(ー ー;)

今回、2軒目のゲストハウスを作るにあたり、京都市の助成金を利用してみようとトライしました。

チャレンジの詳細は過去のこちらのブログを参照ください。

ざっくり言うと、「空いている京町家を利用してゲストハウスを作ると最大で90万円の補助金を出しますよ。」という、これだけ聞いたらやるしかないだろっていうものでした。

 

入り口は両手を広げて歓迎されているようにさえ感じるんだけど、いざ門をくぐると「本当に助ける気あるんかい!!」と思わされるものでした。

 

 

助成金ゲットまでのステップ

最初に要求された提出物は先日のブログで詳細に書いたので割愛。
その後も工事該当箇所の写真を永遠、いろんな角度から要求されました。
ここで改めて助成金受け取りまでのステップをおさらいしてみようと思います。

1、必要書類の提出。

2、申請の受理。

3、賃貸契約。

4、着工。

5、途中経過の写真などの提出。

6、竣工写真の提出。

7、営業許可取得。

8、助成金の支払い。

こんなイメージです。

さて、僕は今回どこでつまずいたかというと、

 

1、です!!!

 

位置について、、、バタリ。という感じですかね、
よーい、どん。になる前にこけた感じです。

意味わかんねーか。

 

その訳を説明すると、まず、必要書類を集めて提出し、それが受理されないと“基本的に”賃貸契約、着工ができないのです。

要するに、今現在空き家の物件を使う、という前提が条件なので、必要書類を提出し、その事実を確認しました、ということで「受理」してもらえないと次のステップに進めないのです。

その必要書類がとにかく膨大。。。

そして今回、一部だけほんの少し増築をしなければならない部分があり、そうなると受理してもらえなくなります。

 

さらに、今年度の締め切りが3月15日までに受理されないと来年度に回されることとなり、来年度になるとさらに条件が厳しくなると言うことでした。

 

結果、その一箇所の写真が問題となり、年明けから3ヶ月かかりながらも断念せざるを得なくなりました。

 

受理されないと契約も着工もできなかったのですが、そんなの何ヶ月も待っていたら、90万もらえたとしてもその分開店が遅れます。90万なんてオンシーズンなら1ヶ月で稼げるので結局何の意味もありません。

 

じゃあ契約、着工はずっと待たされてたの??と思うかもしれませんが、

実際のところは暗黙の了解で契約し、工事も進めていました。

こんなもの馬鹿正直に受理されるまで待っていたら、そもそも大家さん側が待ってくれないだろうし、それこそ大バカものです。

 

 

条件をしっかり把握し、準備を周到にしておかないと無意味。

ということで、結局助成金のために開店が遅れるくらいならそんな労力はムダ。

条件に完全にあった物件を見つけ、必要書類を完璧に準備し、1ヶ月以内に受理される用意ができるのであればやる価値は十分にありますが、非現実的です。

結局はお金に余裕があり、賃貸契約をいつまでも待ってくれるような空き物件を見つけたら十分やれるでしょうね。

いったい誰のための助成金なのやら。

そんなこんなで、今回の助成金チャレンジは失敗に終わりました。。

残念!!

 

助成金を利用してみる。

今現在、2店舗目のオープンに向け準備中ですが、今回は京都市からもらえる助成金を利用してみようとトライしています。

助成金は借り入れとは違い
返す必要がなく、まるまる自分のお金として使える
のが最大のメリットです。

今回の助成金は“京都市空き家活用・流通支援等補助金”の“特定目的活用支援タイプ”が該当します。
詳しくはこちらのリンクからどうぞ。

京都市空き家活用・流通支援等補助金について。

この助成金、京町家を利用したゲストハウスで申請すると、最高で90万円(!!!)もらえます。

うおー!90 万もらえるとか最高!!こんなのやるっきゃないぜー!!!
だれもがそう思うでしょう。

 

しかし、こんな大金、そう簡単にもらえるわけありません。

ここにこの助成金をゲットするためのキーポイントをあげておきます。

・該当物件の賃貸契約(売買契約)がまだ成立していないこと。
・工事に着手していないこと。
・開業する予定の事業を10年以上継続すること。

大きなポイントとしてはこの3点が挙げられます。
※上記以外にも条件は幾つかあります。詳しい条件については必ず先ほどの役所のHPをご確認ください。

すでに賃貸契約などを済ませてしまっていた場合はもう手遅れ。
さらに、10年継続が必要。要するにもし5年でなにかしらの理由で店をたたむことになった場合は、継続年数が10年に満たなかった(半分)ので、もらった助成金の半分の金額を返還しなければならなくなります。

この条件の段階で心が折れる人も少なくないと思います。f(^-^;)

それらに合った条件の物件であれば是非申請をしてみましょう。
さて、その申請に必要な書類ですが、、、

・交付申請書
・誓約書
・補助金額算出書
・承諾書
・事業計画書
・納税証明書
・建物登記簿
・地域への説明
・工事の見積書
・現況図
・付近見取り図

などが必要になります。。。
いやー、書き出すだけでうんざりしてきます。
※この辺りも必ず役所のHPをご確認ください。

これらを取り揃え、助成金申請窓口、京都市役所内の「まち再生・創造推進室」へ提出します。

大半の書類は自分の名前とハンコを押すだけですが、「地域への説明」については、一応管轄の町内会長さんなどへ挨拶に行き説明する必要があります。場所によっては町内の方々を集めて説明会を開かなければならないパターンもあるようですが、僕は前々から町内の行事に参加したり、日頃から顔を見れば挨拶をするようにしていたので5分で済みました。こういう時のためにもご近所付き合いは大事です。

 

助成金のデメリット

さっきは「返す必要がない」というメリットを書きましたがデメリットもあります。それは
初期投資の予算に組み込むことができないという点です。

どういうことかというと、銀行や公庫からの借り入れは、事業計画を作り工事の見積もりを出し、着工前に手元に入ります。なので当たり前ですがそのお金を元手にして工事費に当てたりします。

しかし助成金は物件を契約し、工事を済ませ、やっとこさ簡易宿所の許可を得た後に振り込まれます。

なので、あくまでもらえてラッキー。そのお金を当てにして事業計画を立てることは絶対にしてはいけません。手元にないお金をあてにするなということです。

 

さて、書類がそろったら提出して着工だ!! というわけにも行きません。

役所は本当に該当する建物が未契約のものだったか、使われていなかったかなどを確認するために、受け取った書類を元に調査をします。

具体的にどのような調査をするかはわかりませんが、水道が開栓されてないか、建物が申請書と相違ないか、着工されていないか、などだと思います。

書類を提出してからかれこれ2週間近く経ちますが、まだ受理された報告は届きません。。。

ちなみに今回、僕はこの助成金の申請を行政書士の先生にお願いしています。
ゲストハウス自体の簡易宿所の許可申請も別でお願いしていて、助成金については成功報酬という形で契約しました。

行政書士を雇うのもそれなりにお金がかかるので、ゲストハウスの許可も、助成金の許可も、行政書士を雇わず自分でやる人もいると思います。

そこに関しては、どこに時間をかけて、どこにお金をかけるかがとても重要になってきます。
開業まではその辺りの計算がポイントになってくると思うので、そこらへんについてはまた別の機会に記事にしたいと思います。

さらに、助成金ではなくクラウドファウンデイングというお金の集め方もありますが、今回は使いませんでした。この理由についてもまた後日。

やっぱり、そう簡単にもらえない。

助成金は京都市のお金=税金をもらうということ。
受理された後も、経過報告や許可が取れた際の報告も必要だったり、そう簡単にはもらえません。

僕は90万を手に入れることができるのか、、、また報告します!