宿泊税について。

先日、京都のゲストハウスオーナーが集まる場に参加してきました。

参加者は20~30人程。
一度にこれだけの人数のオーナーが集まるのは
結構珍しい事だと思います。
。 
 。
それだけ重要な話があってみんなが集まったわけですが
なぜ、今回このような集まりがあったかというと
 
・「宿泊税」の導入
。 
「宿泊税」。
恐らく宿関係者以外の人は
あまり耳にしないワードだと思います。
 。
京都市は、来年の秋から全ての宿泊施設利用者に
決まった金額の税金を課す「宿泊税」の導入を検討しています。
。 
 。
というか、ほぼほぼ決定しています。
 
 。
この宿泊税、恐らくすべてのゲストハウスが反対しています。
 
 。
中でも、中小規模のゲストハウスは怒ってます!
 
たぶんみんなイカってる!!
 。
 。
 。
 。
課税内約がヒドイ!
 
。 
実は、東京と大阪ではこの宿泊税
すでに導入されています。
しかし、この2都府、
 
宿泊代10,000円未満は非課税。
 
 。
つまり、小さなゲストハウスやビジネスホテルなどは実質課税されません
 
 。
 。
しかし!
 
京都の宿泊税は、
20,000円未満一人一泊200円
課税
されようとしています!
 
 。
この不平等さ、簡単に言うと
 
2名1部屋で、1泊19,999の宿に2泊すると、
宿泊代は合計39,998円で、税金が200円×2名×2泊で800円→実質1人400円
 
一方、うちのような1泊2,000円台のゲストハウスで一人で2泊すると
宿泊代は4,000円、税金が400円!
 
税率ではなく一律なので、
旅館とゲストハウスの負担額が同じなんです!
 
 、
宿泊代が安い小さなゲストハウスほど
不利な税制となっています。
 。
 。
 。
 。
今できる事。お願いしたい事。
この税制、今からひっくり返す事は難しいようです。
しかし、それでも一部ゲストハウスオーナーさんらが行動を起こし
市議会議員にコンタクトしたり、請願書を提出するなどして下さっています。
 
けれど、個人や少人数での活動では役所を動かす事は難しいです。
小さい声でも沢山の声がとても重要です。
 
覆す事は無理でも、税額の再検討や減額
それがダメでも今後、小さなゲストハウスの存在を認めさせるためにも
少しでもご協力していただけるようであれば
下記URLからご署名をいただければ幸いです。
 
リンク先サイト”change.org
署名発起人:ホステル銀閣寺オーナーCHANG HOCHIさん
 
個性あふれる楽しいゲストハウスがなくなってしまわないように。
 
宜しくお願い致します。

8月頭はバタバタでした!

8月の頭ころからトラブルが続き
歯を食いしばりながらこなす日が続いておりましたが
だいぶ落ち着いてきました。

 

そんな8月の頭、あーもうしんどいっ!と思った時に
以前勤めていた旅館のおかみさんに言われた一言を思い出しました。

 

僕はゲストハウスをやりたくて2011年に東京から京都へ移住しました。

こっちに来てすぐ、京都の文化を学ぶためにも旅館で働こうと思い
烏丸六角のとある旅館で面接を受けました。

面接官はもちろん女将さん。

齢70歳前後でしょうか、トサカのように盛り上がった御髪と貫禄のある風体、
ザ・女将。

僕は少々ビビりながらも絶対に言っておきたいことを最後に話しました。

「自分で京都で宿をやりたいんです」

女将さんのリアクションは

「ほーそらおもろいやん!」

意外なリアクションに妙な嬉しさを感じたことを覚えています。

 

運の良いことに、1発目のこの面接で採用が決まり、
その旅館のフロント係として3年働きました。

その後、知人のゲストハウスの立ち上げを手伝うために退社。

知人のゲストハウスは無事オープンし、ある日初めて満室となりました。

後日旅館を訪れ、女将さんに近況を報告した際

「この間初めて満室になったんです!」

と、意気揚々と伝えたら、女将さんに

「満室になったくらいで浮かれてたらあかんで!
これからいくつも修羅場をくぐって行かなあかんのやからな!」

とぴしゃりと言われてしまいました。

そのころは正直、修羅場というほどのことはあまりなく、
のーのーと日々仕事に勤しんでいました。

それからそのゲストハウスを1年で辞め、ビジネスホテルでバイトしながら
スズキゲストハウスを立ち上げました。

そして”みやこ”もオープンし、さぁ頑張るぞ!と気張ろうとしたこの8月頭
スズキゲストハウスで大きなトラブルが発生しました。

このトラブルは僕が初動をないがしろにしたため
かなり深刻な状況になっていました。

本気で頭を抱え、どうするべきか悩んだのですが
なんとか自分で対処する方法を探り、毎日毎日対応に追われました

そんなとき、ふと女将さんに言われた激励の言葉を思い出しました。

”いくつもの修羅場をくぐっていかなあかん。”

あぁ、ここでへこたれてたらダメだ。もっと強くならなければ。

 

経営者というものは、大きい企業だろうが個人経営だろうが
自分含めそこで働く人たちの生活を背負っているわけで。
うまくいっていればいいんだけど、
正に修羅場を迎えた時にその責任の重さに気付かされるのでした。

 

最近やっと落ち着いてきたと思ったら急に気が抜けて
毎日夏バテ気味のオーナーでした。
毎日眠い。。
(-.-)zzZ

 

ゲストハウスみやこ、許可おりました!

待ちに待ちすぎて、もうちょっとどうでもよくなっていましたが、


本日やっと営業許可がおりました!!

 

あーーーーー限界だった〜限界すぎてハゲそうだった〜白髪増えた〜
待たせすぎだよ。もう、役所に文句言いに行く一歩手前だよ。

待たされすぎて、感激とか、よっしゃー!みたいなテンションだだ上がりみたいなことよりも
「はーやっとかよ」って言う心境です。

 

スズキゲストハウス同様、まだまだこれから手をつけてよりよくしていきたいと思っております。

京都へ

1、一人旅の場合はスズキゲストハウスへ。

2、二人で旅行の場合はゲストハウスみやこへ。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

予約を無断キャンセルするという、大きな問題。

【予約】:将来のことを前もって約束すること。

そう、予約とは約束、いわば契約である。

お客さんと店の間には暗黙の、しかしはっきりとした上下関係がある。
今では死語になりつつある「お客様は神様です」ではないけど、
当然利用して下さったお客様には心から感謝をする。

ただし、それは店側が提供するサービスに
しっかりと対価を支払ってくださった方へのものだ。

 

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情

Yahooニュースの記事。

とある飲食店のオーナーがツイッターで

「6人で予約したまま連絡なしで来ない客がいたが、
小さなお店は潰れてしまうのでせめて連絡してほしい。」

とつぶやいたら5万回以上リツイートされたとのこと。

これは決して大げさな話ではなく、
僕も含め個人で経営しているサービス業のお店なら
誰もがものすごい勢いで頷いてしまうほど大きな問題です。

 

世間の飲食店と宿泊施設に対する考え方の決定的な違い。

この問題、被害を受けたのが飲食店だと理解しやすく
同情も湧きやすいと思うんです。

何日も前から予約されていた大型の予約が当日になって来ない。
そうなるとその日予定した利益も得られず、
せっかくの料理も無駄になる。目に見えてもったいない!
このもったいないというのが世間の心に大きく響く。

一方、宿泊施設の場合はどうか。

 

え、ベットが空くだけでしょ。(´Д`)ふーん。

 

・・・さて。
例えばゴールデンウィーク、6名で3泊の予約が2ヶ月前から入ったとする。

うちで言えば14ベットのうちの6ベットをそのグループのために2ヶ月もの間確保する。
飲食店では2ヶ月前からの予約はまずないだろう。

ゴールデンウィークといえばハイシーズン。
ドミトリーといえども1泊3,500円程度はする。
施設によっては8,000円するところもある。
3500円×6名×3泊で、63,000円。
もはや3日分の売り上げ。

いざチェックイン当日。
うちのチェックイン時間は午後10:00までです

 

午後9:00。予約サイト経由でお客様に連絡。
連絡が取れない。

 

待ちます。

 

午後10:00。もう一度サイト経由で連絡。
サイト側「連絡が取れましたらこちらから施設様へご連絡します。」

 

待ちます。

 

午後11:00。営業時間はとっくに過ぎています。
お客様へメールで「大丈夫ですか?迷っていませんか?お待ちしていますよ。」

と送りながら

 

待ちます。

 

午前0:00。
お客様へメールで「お願いだから来てください。3名で6泊、来ていただけないと本当に困ります。」
と送りながら

 

 

待ちます!!(`;ω;´)

 

 

午前1:00。諦めて泣きながら床につきます。。。
待ち続けて来なかった時の僕のこの気持ちはどこへぶつければいいのか・・!!!

 

当日無断でキャンセルされることをノーショーと言います。
ノーショーをする人の罪の影響は決して店側に対してだけではありません。

ゴールデンウィークともなると、京都では予約が取りにくくなります。
お問い合わせしていただいた方をお断りすることだってもちろんあるし、
滞在中のお客様でうちを気に入ってくれて
「もう一泊したい!」と言ってくれる方もを泣く泣くお断りすることも。

 

飲食店だと、用意してた食材がもったいないけど、
宿泊施設は別にベットが余るだけだしそんなに。

なんてことはないんです。
ちゃんとキャンセルさえしてくれれば
『泊まりたい』と思ってくれたお客さんに
泊まってもらうことができたんです。

正直、閑散期であれば百歩譲ってまだいいのですが、
繁忙期、誰もが「泊まりたい」という時期に
無駄な空き部屋を作ってしまう
こんなに虚しいことはありません。

宿泊施設の価値は予約日と宿泊日によって変わります。
平日の予約を前日にするのと、桜シーズンの予約を半年前からするのとではわけが違う
ということです。

そういう点ではある意味生物(ナマモノ)の様な性質があります。

 

現状、決定的な解決策はありません。

実は、ノーショー率が最も高い某.com予約サイトに
「ノーショーをした人のブラックリストを作ったりはできないんでしょうか?」
と提案したことがあるのですがその場でムリと言われました。
せめて持ち帰って検討してほしい物です。

冒頭でリンクを貼った記事の中にある
「予約キャンセルデータベース」
というサイトも、まだまだ絶対数が少ないし、
いたずらで適当な電話番号が登録されている恐れだってあります。
そもそも運営元が記載されてないらしいので信頼性に欠けます。

クレジットカードでの事前支払い型の予約サイトであれば
利益確保の面での問題は解決できます。

しかし、現地決済型のサイトがある以上、
利用者の多くは現地決済型を利用します。

予約保障のためとしてクレジットカード情報が提供されるシステムもありますが、
その情報が必ずしも正しくない場合もあります。

個人情報保護の観点から言っても
クレジットカード情報を扱いにくいのであれば

やはり予約サイトが利用者のノーショー履歴を管理し、
その人からの予約を一切出来なくするとは言わないにしろ、
施設側と情報共有ができる様にすべきじゃないかと思います。
そうすれば施設側もなんらかの対応が可能になってくるはず。

 

最後に。

最近では、キャンセルしたい予約を買い取るサービス、Cancell」や、
VESPERのキャンセルプロテクションなど、
現地決済プランによって発生するノーショー被害を食い止めるサービスが
増え始めています。

しかしノーショーを完全に防ぐためには、クレジットカードでの
完全事前支払い制にする他ないと思うのです。

 

だけど結局、一番良いのは

予約をする前に、そのお店のルールをしっかりと理解する。
そして予約をしたら必ず利用する。

という、当たり前のことをするということに他なりません。

 

大型の予約が来るたびにふるえる、そんな日々から解放される日が来ますように。。。

 

民泊新法成立について。

民泊新法成立!!

本日、住宅宿泊事業法、
いわゆる民泊新法が参院本会議で可決、
成立しました!

注:実際施行されるのはまだ先。
早くても来年頭とか。

Yahoo news “民泊新法が成立=届け出制、全国で解禁

これによって、今まで、
いわゆる無許可で民泊を行っていた人たちも、
簡易宿所よりも取得しやすい
「民泊」の許可をとれば
合法的に営業が可能になります。

 

ここで一旦、宿泊業の許可についてのおさらいをしてみたいと思います。

 

1 ホテル営業

10室以上の洋式客室を主体とする宿泊施設での営業。
レストランや食堂で食事を提供できる宿泊施設。

2 旅館営業

5室以上の和式客室を主体とする宿泊施設での営業。

3 簡易宿所営業

客室を多数人で共用する宿泊施設での営業。
いわゆるカプセルホテルや民宿、
キャンプ場のバンガローなどが該当。

4 下宿営業

一月以上の期間を単位とする宿泊施設での営業。

 

 

はい、今までは以上
4種類の許可がありました。

いわゆるゲストハウス、
ホステルのほとんどが
3番の簡易宿所の許可を得て営業していると思います。

ただそこで、民泊仲介サービス、
主にAirbnbが普及し始め、
それを利用することで
民家の1室やアパートの空き部屋などを利用して
簡単に集客できるようになり、
それなりの収入を得ることができるようになりました。
しかし

そのほとんどの人が、
そもそも民泊営業に許可が必要とか
知らずに始めていたと思います。

今でさえそういう人は
少なくないんじゃないでしょうか。

だって、
Airbnbに部屋を登録したら
簡単に営業できちゃうんだもん。

 

そんな感じで増えに増えた違法民泊。
京都市だけで役所の相談窓口に寄せられた件数は1,564件!!
しかし、営業停止に至ったのはたったの262施設だったとのこと。
じゃあ他の1300件はどうなったの?
行政指導、改善命令にとどまった?

 

大きく分けて2種類の違法民泊

違法民泊と言っても、
いろんな形があります。

そんな中でも、大まかに
2種類に分けることができると思います。

パターン1:ホスト在住型民泊
これは、例えば
一軒家の空き部屋を貸すと言った感じで、
ホストが住んでいる場所にゲストを
迎え入れるという形。

比較的ホスト側がゲストをもてなして、
コミュニケーションを楽しみたい
と考えている人が多いと思います。

なのでサービスも行き届いていて、
本来Airbnbが考える理想的な形だと思います。
問題は、ただ許可がとれていないだけ。

パターン2:非対面型民泊
いわゆる一棟貸しの民家や
アパートの一室を丸ごと貸し、
鍵の受け渡しは暗証番号や、
キーケースを玄関につけておき、
やり取りはAirbnb内のメッセージのみ、
ゲストとホストが一度も顔を合わせることのないパターンです。

違法民泊の問題の核は「パターン2」にあります。

システム上、ゲストは
ホストと顔を合わせずとも、
キーロックを外し、シャワーを浴びて
用意してあるベットに寝れさえすれば
それで良いかもしれません。

しかし、そこに年間数百組のホストが泊まるとなると、
必ずトラブルが出てきます。

 

連絡の取れないホスト。

入り口の鍵が開かない。
調理器具の使い方がわからない。
病人が出た。

そんな時、ホスト在住型であれば
すぐに助けてあげることができます。

しかし、非対面型の場合、
Airbnb上でメッセージを送っても
すぐに返事が来るとは限りません。

やっとの思いで到着したのに鍵が開かない。
ホストは連絡が取れない。

そんな時
ゲストは近隣の民家に助けを求めます。

また、
近くに別の宿があればそこへ駆け込みます。

実際、スズキゲストハウスに駆け込んできたゲストもいて、
僕がゲストから暗証番号を聞いて
鍵を取り出してあげたこともありました。

このようにして、
なぜかホストが対応するべき仕事を
周りの住人がサポートせざるを得ない事態が
往々として起きうるのです。

そういったトラブル以外にも、
夜中に大騒ぎをしたり、
ゴミを散らかしたり、
管理者がいなければ
いくらでも羽目を外すことはあるでしょう。

 

民泊は東京オリンピックを見据えた法整備。

上記のようなトラブルで済めば
まだいいかもしれません。

しかし、京都市は2020年までに
外国人観光客を4000万人まで増やそうと
計画しています。

外国人観光客を増やすということは、
利益にもつながりますがその分
リスクも増えます。

実際問題として世界中ではテロ、
戦争が起きていて、
オリンピックともなれば、
最悪テロの対象にもなりかねません。

そんな時に、
セキュリティーも甘々、
管理人も不在の宿泊施設は
犯罪組織の温床となりかねません。

なので政府は、それまでに法整備をし、
無許可で営業してる民泊施設を無くし、
役所の許認可を受けた
安心安全な宿泊施設を整備することにより
リスクを最小限にする狙いがあると思います。

また京都市としても、
観光都市として悪質な違法民泊施設で、
火災や犯罪などの大きなトラブルが出ないよう、
これからますます徹底して
違法民泊施設を摘発していくと思います。

 

民泊の、ある大きな条件。

個人的にいい条件だなぁと思ったのは、

「年間営業日数の上限は180泊」という条件。

これって、
もし民泊営業のためにアパートを借りたり
一軒家を建てた場合、
元を取るには難しい日数です。

ということは、
儲けをあてにした民泊は
難しくなるということですね。

一方で、空き部屋を貸したりする
ホスト在住型には、
オンシーズンだけ営業すれば
十分な日数だと思います。

特に、宿不足と言われる京都市は、
実際に足りていないのはオンシーズンだけで、
オフシーズンは客の取り合いになっているのが
実情だと思います。

なので今後民泊施設が
正しく180日の営業を守ってくれれば、
他の宿泊施設とも
問題なく共存していけると思います。

Airbnbに関しては、
180日予約を受けた民泊施設は
サイト上非表示になるシステムになるそう。
素晴らしい!

 

最後に。

早ければ来年1月に施行される民泊新法。
違法民泊施設がなくなり、
許可を取得した宿泊施設に正しく集客が集まり、
3年後の東京オリンピックが
無事開催されるといいですね(^^)