民泊新法成立について。

民泊新法成立!!

本日、住宅宿泊事業法、
いわゆる民泊新法が参院本会議で可決、
成立しました!

注:実際施行されるのはまだ先。
早くても来年頭とか。

Yahoo news “民泊新法が成立=届け出制、全国で解禁

これによって、今まで、
いわゆる無許可で民泊を行っていた人たちも、
簡易宿所よりも取得しやすい
「民泊」の許可をとれば
合法的に営業が可能になります。

 

ここで一旦、宿泊業の許可についてのおさらいをしてみたいと思います。

 

1 ホテル営業

10室以上の洋式客室を主体とする宿泊施設での営業。
レストランや食堂で食事を提供できる宿泊施設。

2 旅館営業

5室以上の和式客室を主体とする宿泊施設での営業。

3 簡易宿所営業

客室を多数人で共用する宿泊施設での営業。
いわゆるカプセルホテルや民宿、
キャンプ場のバンガローなどが該当。

4 下宿営業

一月以上の期間を単位とする宿泊施設での営業。

 

 

はい、今までは以上
4種類の許可がありました。

いわゆるゲストハウス、
ホステルのほとんどが
3番の簡易宿所の許可を得て営業していると思います。

ただそこで、民泊仲介サービス、
主にAirbnbが普及し始め、
それを利用することで
民家の1室やアパートの空き部屋などを利用して
簡単に集客できるようになり、
それなりの収入を得ることができるようになりました。
しかし

そのほとんどの人が、
そもそも民泊営業に許可が必要とか
知らずに始めていたと思います。

今でさえそういう人は
少なくないんじゃないでしょうか。

だって、
Airbnbに部屋を登録したら
簡単に営業できちゃうんだもん。

 

そんな感じで増えに増えた違法民泊。
京都市だけで役所の相談窓口に寄せられた件数は1,564件!!
しかし、営業停止に至ったのはたったの262施設だったとのこと。
じゃあ他の1300件はどうなったの?
行政指導、改善命令にとどまった?

 

大きく分けて2種類の違法民泊

違法民泊と言っても、
いろんな形があります。

そんな中でも、大まかに
2種類に分けることができると思います。

パターン1:ホスト在住型民泊
これは、例えば
一軒家の空き部屋を貸すと言った感じで、
ホストが住んでいる場所にゲストを
迎え入れるという形。

比較的ホスト側がゲストをもてなして、
コミュニケーションを楽しみたい
と考えている人が多いと思います。

なのでサービスも行き届いていて、
本来Airbnbが考える理想的な形だと思います。
問題は、ただ許可がとれていないだけ。

パターン2:非対面型民泊
いわゆる一棟貸しの民家や
アパートの一室を丸ごと貸し、
鍵の受け渡しは暗証番号や、
キーケースを玄関につけておき、
やり取りはAirbnb内のメッセージのみ、
ゲストとホストが一度も顔を合わせることのないパターンです。

違法民泊の問題の核は「パターン2」にあります。

システム上、ゲストは
ホストと顔を合わせずとも、
キーロックを外し、シャワーを浴びて
用意してあるベットに寝れさえすれば
それで良いかもしれません。

しかし、そこに年間数百組のホストが泊まるとなると、
必ずトラブルが出てきます。

 

連絡の取れないホスト。

入り口の鍵が開かない。
調理器具の使い方がわからない。
病人が出た。

そんな時、ホスト在住型であれば
すぐに助けてあげることができます。

しかし、非対面型の場合、
Airbnb上でメッセージを送っても
すぐに返事が来るとは限りません。

やっとの思いで到着したのに鍵が開かない。
ホストは連絡が取れない。

そんな時
ゲストは近隣の民家に助けを求めます。

また、
近くに別の宿があればそこへ駆け込みます。

実際、スズキゲストハウスに駆け込んできたゲストもいて、
僕がゲストから暗証番号を聞いて
鍵を取り出してあげたこともありました。

このようにして、
なぜかホストが対応するべき仕事を
周りの住人がサポートせざるを得ない事態が
往々として起きうるのです。

そういったトラブル以外にも、
夜中に大騒ぎをしたり、
ゴミを散らかしたり、
管理者がいなければ
いくらでも羽目を外すことはあるでしょう。

 

民泊は東京オリンピックを見据えた法整備。

上記のようなトラブルで済めば
まだいいかもしれません。

しかし、京都市は2020年までに
外国人観光客を4000万人まで増やそうと
計画しています。

外国人観光客を増やすということは、
利益にもつながりますがその分
リスクも増えます。

実際問題として世界中ではテロ、
戦争が起きていて、
オリンピックともなれば、
最悪テロの対象にもなりかねません。

そんな時に、
セキュリティーも甘々、
管理人も不在の宿泊施設は
犯罪組織の温床となりかねません。

なので政府は、それまでに法整備をし、
無許可で営業してる民泊施設を無くし、
役所の許認可を受けた
安心安全な宿泊施設を整備することにより
リスクを最小限にする狙いがあると思います。

また京都市としても、
観光都市として悪質な違法民泊施設で、
火災や犯罪などの大きなトラブルが出ないよう、
これからますます徹底して
違法民泊施設を摘発していくと思います。

 

民泊の、ある大きな条件。

個人的にいい条件だなぁと思ったのは、

「年間営業日数の上限は180泊」という条件。

これって、
もし民泊営業のためにアパートを借りたり
一軒家を建てた場合、
元を取るには難しい日数です。

ということは、
儲けをあてにした民泊は
難しくなるということですね。

一方で、空き部屋を貸したりする
ホスト在住型には、
オンシーズンだけ営業すれば
十分な日数だと思います。

特に、宿不足と言われる京都市は、
実際に足りていないのはオンシーズンだけで、
オフシーズンは客の取り合いになっているのが
実情だと思います。

なので今後民泊施設が
正しく180日の営業を守ってくれれば、
他の宿泊施設とも
問題なく共存していけると思います。

Airbnbに関しては、
180日予約を受けた民泊施設は
サイト上非表示になるシステムになるそう。
素晴らしい!

 

最後に。

早ければ来年1月に施行される民泊新法。
違法民泊施設がなくなり、
許可を取得した宿泊施設に正しく集客が集まり、
3年後の東京オリンピックが
無事開催されるといいですね(^^)

スズキゲストハウスギャラリー(仮)で写真展を開催しました!

写真展を開催しました!!

6年前に東京で知り合い、プロになるべく頑張っていた友達が今回、スズキゲストハウス1階のフリースペースで写真展を開催しました!

会期は4日間。宿泊中のゲスト達にも見てもらい、国際交流も兼ねた素敵な展示会になりました。

プロとして活動するために会社を辞めて今回の展示会に臨んだ友達。
その作品を見て、また写真に対する思いを聞き、並々ならぬ意気込みを感じました。

これからプロとして活動していく上でたくさんの壁にぶち当たっていくと思うけど、自分で選んだ道、ぜひ自信を持って歩んで行って欲しいと思います。

 

ギャラリーとしてのスズキゲストハウス。

10年前、僕は東京でグラフィックデザイナーをしていました。
デザイナーになる前に、東京で桑沢デザイン研究所という専門学校の夜間部に通っていました。
その頃、学校の友達とグループ展をしたり、卒展の運営に携わったりしました。

その時の学校生活は、今の僕の基礎、アイデンティティに大きく影響を与えました。

これからは僕が、今デザインやアートの道を志す学生や若者の力添になれるよう、今後もギャラリー活動を続けていきたいと思います。

 

第一回 座間 雄貴 写真展
“WELCOME”
20174 7日〜10
Facebook https://www.facebook.com/yuki.zama?fref=ts
tumblr https://id-yukizama.tumblr.com/

 

3月の稼働率 ー初の前年度との対比ー

3月も終盤です。
京都はこの頃になると、冬の寒さが和らいでくるのと同時に梅が見頃を迎え、そして待ちに待った桜の季節に差し掛かってきます。

 

今現在、早咲きの桜がほんの一部見頃を迎えていますが、ソメイヨシノはまだまだ、蕾も膨らんでる様子はないようです。

 

 

昨年3月の稼働率。

さて、スズキゲストハウスは昨年の3月1日にオープンし、丸一年経ちました。そして今月は初めて前年度との対比ができるということになります。

 

ここで、昨年の3月の稼働率を暴露しちゃいましょう。
なんと、初年度の初月で80%(!!!)でした。
他府県のアベレージは知りませんが、オープン直後のゲストハウスでこの数字がでるのは、やはりさすが京都の春先といったところでしょうかね。

 

オープン前の事業計画では、初年度に比べ2年目以降はまぁ間違いなく稼働率は上がっていくだろうと考えていました。
去年は80%だったから2年目は85%くらいかな〜♪フンフン〜
てな感じで、去年の秋頃までは余裕こいてました。

 

そして冬を迎え想定以上のオフシーズンを経験し、ヤバイ、想定外や、、、僕の考えは甘い、、、?
と思うようになりました。

 

多分、状況が変わらなければ2年目の方が稼働は上がると思います。
しかし、過去のブログでも書いたように、京都にゲストハウスが爆発的に増えた結果このような事態に。
(2年前は1年で400増えたとのこと。)

 

そんで今年はどうなのよ?

そして今月の稼働率です。
2月中の予約状況は55%程度でした。

う、うわぁ〜〜、、、、(-o-;)

オープン直後で80%だったのに、2年目でもっと上がるはずが、入らん!!!
2軒目の準備もあり、正直毎日のように現金を数え、大丈夫かなぁ、大丈夫かなぁ、と、ヒヤヒヤの日々を送っていました。

そして3月に入り、ポツポツと予約が埋まっていき、

なんとかかんとか昨年とほぼ同じ稼働率まで持っていくことができました。

 

問題は4月中旬以降

そして4月の前半も予約はほぼ埋まりつつあります。
ちなみに昨年の4月の稼働率は95%でした!これ、こえねーだろーなー、、、(;_;)

うちのゲストハウスはドミトリーオンリーなので、そもそもひと月以上先の予約はあまり入らず、結構直前で埋まっていくパターンが多いです。

宿が増え続け、今後オフシーズンの稼働はさらに減っていくかもしれません。

しかし、京都には春の桜、秋の紅葉、5月のゴールデンウィークの他にも、夏の祇園祭など、他にも大きなイベントが1年を通してたくさんあります。

今後は稼げる時にしっかり稼ぎ、オフシーズンはうろたえずに休む!!くらいの心持ちでいく必要がありそうです。
早くみやこを開業させて、ガンガン回さないと!

ヒヤヒヤですよ!!

これからの京都のゲストハウス。

宿増えすぎとか言ってるけど、売上的には結局どうなの?

オープン前からずーっと憂鬱の種だった確定申告。
簿記のテキスト買って勉強したりもしたけど途中で挫折。。
そのくせお金をかけたくないからなんとか自分で会計ソフトで帳簿付け。
あってるのか間違っているのかわからないながらも、友達に聞いたりセミナーに行ったりしながらなんとか形にできました。

まぁ1年目でだし白色だし、なんとかなるやろと思いながら秋口くらいから仕分けを始め、開業費やら減価償却やら、本当に頭を抱えながら一つ一つクリアにしていきました。

 

1年目としては上出来かな。

結果としては、1年目としては上出来でした。
どう上出来なのか具体的な部分は伏せておきますが、ざっくり言うと計画は上回ったということ。

しかし、正直なところ、1年目より2年目、そして今後5年間で稼働率がどう推移していくかがとても重要だと思います。

というのも、この3月から初めて前年度との比較ができるようになったわけですが、目に見えて稼働が落ちています。

これは正直大きな誤算です。宿が増えたとしても稼働が落ちるとは考えていませんでした。

 

ゲストハウスの競争が始まった。

今までは、いわば入れ食い状態だった京都の宿事情。
特にインバウンドに強いゲストハウスは、1年目の僕らでさえも“余裕”で稼げる状態でした。

しかし今後は違います。というか、今までが異常だったのかもしれません。
ゲストハウスという業種が認知され始め、ついに競争が始まったという感覚があります。

大規模ホテルも続々と出来てきますが、それらとゲストハウスが共存できるのか。

競争についていけず消えていくゲストハウスが出始めるのか。

違法民泊が取り締まられて、ゲストハウスにお客さんが戻ってくるのか。

これからが頑張りどきです!

ゲストハウスバブルが弾ける?

オープンして1年になります!!

スズキゲストハウスがオープンして3月で丸1年になります!
わからないことや、トラブルも多々ありましたが、なんとかやって行っています。

さて、3月から2年目に突入ということになります。
オープン当初の僕の予測では、2年目の稼働は1年目に比べて劣るわけがない、オープンひと月目の3月なんてなおさらだ。と、考えていました。

2016年3月(オープン初月)、稼働率はなんと80%に達しました!
春先の京都、さすがやな〜なんて思っていました。

1年経って、2017年の3月、目標は85%、といったところでしょうか。

 

2017年3月の予約状況が、、

さてさて、2月19日現在、3月の予約状況はというと、、、、

 

33%!!!(ずーーーーーん…………)

 

ドミトリーしかないので、予約自体直前に入ることが多いのですが、にしても桜にかかってくる3月、後半は入っていますが前半の予約が壊滅的な状況です。。

正直、これは大きな誤算です。昨年同様、直前で予約が埋まっていけばいいのですが。。。

 

宿泊客増加=宿を増やす、は正しい?

前々から言われていることですが、依然京都のインバウンド需要はまだまだ陰りは見えません。

京都市としても、500室以上あるホテルをバンバン誘致しているようで、「宿不足解消」のために奔走しています。

けど一方で、ゲストハウスにおいてオフシーズンの客足の途絶えが顕著に出はじめたようにも感じています。

身の回りのゲストハウス仲間に聞くと、この冬は昨年に比べ明らかに客足が途絶えているというのが殆どです。

さらに、ゲストハウスが増えまくり、オフシーズンの低価格競争が激化しています。

安ければ入る、それでは牛丼屋の二の舞です。

 

ゲストハウスバブルが弾ける!?

正直、京都で宿をやれば儲かると思っていました。
これからはそう簡単には行かなそうです。

しかし、それは裏を返せばゲストハウスが他の職業と同じように人気が出てきて、店舗間競争が始まった、いわば(生き残るために競争する)普通の職業になって来たとも思います。

好条件の物件も減り、競争が激化してきた今、ゲストハウスの個人経営での新規参入はどんどん厳しくなっています。

僕たちももっともっとアップデートしていかなければいけません。