くるりBest10。

半年以上前にうちのゲストハウスを利用してくださったお客さんに教えてもらったブログがある。
そのブログの記事に「わりと素直に選んだ、くるりの大好きな10曲」という記事があった。
それを読んでいたら、自分も書きたくなったので書いてみます。
くるりの大好きな曲Best10とその勝手な書評。
 
そもそもBest10ていうのが無理があるけどね。
くるりを聴き出したのは、覚えている限り高3の頃。休み時間、ヘッドホンで「THE WORLD iS MiNE」というアルバムの中の「ワールズエンド・スーパーノヴァ」という曲を聴いてた記憶があります。
 
デザインの専門学校に進学して、友達が流していた曲が「めっちゃいい曲!」と思い、誰の曲か聞いたらそれがくるりの「ばらの花」や「ワンダーフォーゲル」という曲だったりして、そこからさらにのめり込んでいきました。
 
以下、Best10
 
10、「琥珀色の街、上海蟹の朝」
 
EPという扱いではあるけど、事実上の最新シングル。わりとゆっくりめなテンポでBeautiful city〜♪と、岸田くんとサポートのコーラスの女の子が歌い出す。序盤はラップになっているのだけど、ここからサビまでが案外長い。だけどその流れがすごく良い。2回目以降は「サビは、サビはまだか??」とそわそわさせられる。
出だしから岸田くんと女性のコーラスが入っていると言ったが、サビでもがっつりコーラスを入れている。
何を隠そう、くるりの大きな魅力の一つは、この絶妙な女性コーラスだと思っている。
 
 
9、「奇跡」
 
映画のタイアップ曲にもなっている。2011年(ついこの間の気もするけど、、、(-_-;))の楽曲。この頃のくるりはあんまりバラードを書いてないなぁと思っていた矢先、こんな素敵なバラードを書き下ろす岸田くんてなんなん。基本ふざけてるくせに、なんなん。
 
8、「すけべな女の子」
 
タイトルだけ見るとどんな曲だよって思うかもしれませんが、超かっこいいゴリゴリのロックです。
10年前くらいかな、確かゼップ東京でのライブでこの曲を聴いた時は僕の中の何かがぶっ壊れました。Morning Paperという曲からの流れも最高すぎて、脇目も振らずジャンプをしたのは後にも先にもこの時が最後。すけべな女の子、最高。
 
 
7、「ハイウェイ」
 
これも映画のタイアップ曲。妻夫木聡が売れ始めの頃に主演した映画で、彼もこの曲が大好きって言ってた。最後まで抑揚があまりなく、淡々と進む曲だけど、聴くと心をフラットな気分にしてくれる、安定剤みたいな曲。くるりって安定剤っぽい曲多い。「僕が旅に出る理由はだいたい100個くらいあって」っていう出だしが好きです。最終的には理由なんてないらしいんだけどね。
 
 
6、「星の砂」
 
くるりのアルバムで一番好きなのは4枚目の「THE WORLD iS MiNE」というやつで、この曲はその中の最後から2番目の曲。「月の砂漠」や「フタコブラクダのエミリー」という歌詞から、月の光が明るい夜の砂漠を歩いているシチュエーションを思い浮かべては、毎回いい気分になる。
ちなみにアルバムの最後は「PEARL RIVER」という曲なんだけど、この2つの曲は繋がっている。PEARL〜に繋がってからは川の音と、その上を筏が漕いで行く音が入っていて、気持ちよーくさせてくれる。
 
 
5、「ランチ」
 
たった2分の曲。この2分に男の理想と妄想が詰まっている気がする。
 
 
4、「How To Go <Timeless>」
 
<Timeless>とは何を意味しているのかわからないけど、ここではアルバムバージョンということで。
クリストファー・マグワイアというアメリカ人ドラマーが加入していた頃に作られた曲。彼がいた時が、くるりが一番ロックを前面に押し出していた、というかクリストファーに持ってかれていた?時期。「いつかは想像を超える日がやってくるのだろう」この歌詞にめちゃくちゃときめいていた。ライブバージョンが最高。
 
 
3、「男の子と女の子」
 
「僕たちはみんな、いつでもそうです。女の子のことばかり考えている。」
That’s all !!
 
2、「ばらの花」
 
この曲には打ち込み系のリミックス「Rei Harakami Remix」があるのだけど、実はなぜかそっちを先に聴いていました。それはそれで最高なんだけど、のちにオリジナルバージョンを聴いて、ものすごくピュアで、透明で、いい意味で気が抜けた感じに心を鷲掴みにされました。そしてやっぱり女の子のコーラスが良い(ちなみにこのコーラスは元スーパーカーの古川美季)。歌詞も最高。この曲を聴いてジンジャーエールの価値観が変わった。
 
 
1、「ワールズエンド・スーパーノヴァ」(シングルバージョン)
 
9枚目のシングル。この頃のくるりは打ち込み系が多く、どうやらDuft Punk やケミカルブラザーズに影響されてたらしい(C’mon C’monなんてもろそれ)。自分で書いときながらだからなんじゃということだけども、僕は世界一この曲が好きです。
高3の時にはまってから14、5年、ずっと聴き続けて来た。何がいいかと言われれば全てとしか言いようがない。Aサビが終わってBメロ二入る瞬間(書き方あってる?)、毎回鳥肌が立ってしまう。
「どこまでも行ける」このワンフレーズ。座右の銘。
ちなみに、この曲が世界一好きだということは、岸田くんに直接伝え済みです。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
まだ東京にいた頃、仕事帰りにばったり岸田くんに会ったことがある。出たばかりのアルバムをタワレコで買い、ヘッドホンで「How To Go<Timeless>」を聴きながら歩いていた時だった。
 
そのだいぶ前に、打ち上げの出待ちをして佐藤くんには会えたことがあったのだけど、サインと握手はしてもらったが、写真をねだることができなかったことを悔やんだことがあった。
 
しかし、そのおかげ(と言ってはなんだけど)で、いつか岸田くんと会ったら、サイン、握手、そして写真をお願いしよう!と心に決めていたのが高を奏し、スリーショット(その時なんとSalyuも一緒にいたのだ!)を撮ってもらったのは最高の思い出。膝がガックガクに震えたのはその時とチベットに潜入した時くらいかなぁ。
 
別れ際、「いつか絶対くるりのCDデザインやります!」と言ったけど、それはもう無理ですかね。
けど、くるりが解散するまでその可能性はなくならないから、その夢も大事に取っておこうと思います。
くるり最高。

刺激を受けました。

昨日は久々に心底刺激をもらった感じがしました。

友達の紹介でマガザンキョウトという、「泊まれる雑誌」をコンセプトにした宿を運営する男性と会うことに。


マガザンキョウト。

マガザンキョウトという名前は知っていて、興味もあったし、しかもご近所さんでその上年齢もほぼ同い年だったのでとても話しやすかったです。

店内には京都で作られた小物やインテリア、オリジナルグッズが置かれ、企画展も開催されていたりして、それでも100平米弱の建物がそんなに小さく感じられず、センス良くまとめられている印象でした。

取り揃えられている小物の一つ一つが興味深く、本当に久しぶりに刺激を受けまくりました。

みやこの準備に追われ、スズキゲストハウスの充実度を高められていないけど、落ち着いたら僕も少しずつやりたいことを形にしていきたいと改めて思いました。

いやー、楽しかった。