“ゲストハウス”を継続していく為の選択。

これからのゲストハウスの運営について考えたときに
大きなテコ入れをしないと状況は良くはならないと思っていました。

希望的観測で言えば
あと4、5年耐えれば宿の乱立も落ち着き
それに伴って集客も落ち着くんじゃないかなぁ。
それくらいはなんとか持つかなぁ。

くらいに思うところもあります。

また、個人経営なので
自分たちの遊べるお金を削ったり
返済を長期化させて貰ったりすれば
夫婦で食べていけるだけはまかなえるかもしれません。

だけど、それは経営ではないと思っています。
(良し悪しの話ではありません)

 

自分の事業だからこそ
自分がやりたいように
自分の発想で事態を改善する方法を考え
上司にお伺いを立てずに行動できる。

それをやらずに嵐が過ぎるのを待っていてはもったいない。

一度しかない人生
せっかく自由の利く自営業者になれたのだから。

 

ではなにができるのか。

そう考えた時に二つの選択肢が思い浮かびました。

1、年々右肩下がりのドミを廃止し、個室に作り変える。

2、全く新しいサービスを生み出し、ドミの集客を増やす。

宿を継続したいのであれば
おそらくこの二つ以外に状況を大きく打開できる術はないのかなと思いました。

 

ここで僕は、“2”を選択し、それを実現させる為に
good hostels kyotoを立ち上げました。

 

そんなことをしているうちに東京のホステルオーナーさんから
「ホステルパス」という
新しいサービスの紹介を受け
参加することにしました。

ホステルパスは、定額でホステルに泊まり放題できるサービスです。
これこそ正に、集客を増やすための全く新しいサービスでした。

“ホステルパス”

 

一方で、スズキゲストハウス開業前から参考にさせていただいていた
金沢のゲストハウスは、開業から3年半で閉店し、
新たに個室のみ、無人チェックインの宿泊施設に改装するそうです。

これもやはり、今後を見据えた的確な経営判断だと思います。

“黒字のゲストハウスをつぶす理由”

理想を追い求められるうちはそうしたい。
けど判断するタイミングは重要。

世界中からバックパッカーが集まるゲストハウスを作りたい。
それが最初に抱いた夢でした。

家族客はイヤだ、ビジネスマンも違う、
とか、そんな排他的な考えではなく
単純にそう思ってました。

1年目は理想を追う形でも十分な収益が上がっていました。
しかし、2年目以降は、ときには前年比10%以上の稼働率の下落する月も見られ
目に見えて繁忙期と閑散期の差が大きくなっていきました。

 

本音を言えば経営形態や理念を曲げず
世界中からバックパッカーが集まる
ドミトリーメインのゲストハウスであり続けたい。

しかしマーケットは僕の理想なんて知る由もなく
常に変化していきます。

おそらく“ホステルパス”の初期のメインユーザーは
フリーランスのビジネスユーザーだと思います。

だけど、全く新しいサービスには予測不可能な可能性があると思います。

今は「耐える時期」ではなく「攻める時期」だと思っています。

理想はまた5年後でも10年後にでも叶えればいい。
嘆いていてもしょうがないので、やれることをやる。
それでもダメならそれまで。

むしろこんな時代だからこそ
大きな刺激を受けられる存在と同じ
「ゲストハウス」という土俵に立っていられることが
とても楽しく感じます。

この状況を楽しみ続ける為にも
この宿乱立の戦国時代で生き抜いてきたいと強く思いました。

期待を超えるラ・コリーナ。

イタリアンのオーナーと鉄オタの旅

先日、西陣にあるイタリア料理店のオーナーと二人で
近江八幡に行ってきました。

 

彼は鉄オタなので
今回僕は彼の気晴らしに同行。

近江八幡からローカル線に乗って
100年前に建てられた新八日市という駅を見に行きました。

 


暴風雨。

 

改札を出て

 

台風の猛威に晒され50m歩いて駅へ戻りました。

 

その後、近江八幡に戻り
バウムクーヘンで有名なクラブハリエへタクシーで向かう途中
その運転手のおじいちゃんが
観光タクシー並みに町並みを案内してくれました。

なんか得した気分でめっちゃ楽しかった。

やっぱ旅行者は現地の人が話す情報は
ネットで読むより価値を感じる気がしますね。

 

 


クラブハリエ到着。

 

入ってみると

女子、女子、女子、カップル、そして女子。

どこを見ても野郎二人組はいません。

それでも二人でお土産購入。

 

さらに近くのメンターム工場へ。


この写真需要あるんか?

 

暴風の中

 

男二人

 

メンタームの歴史を紐解く。

 

八幡山へと続くロープウェイもあったのだけど
台風の影響でもちろんストップ。

 

その日はそれで終わり、
京都へ戻りました。

 

近江八幡第二弾、嫁とラ・コリーナへ。

そして一月経ち

昨日

今度は奥さんを連れて再び近江八幡へ。

 

今回はロープウェイにも乗りたかったし

あと、ラ・コリーナというお菓子やさんが一番の目的でした。

 

ロープウェイはものの5分だけでしたけど
なかなかの見晴らしで楽しめました。

 


いい天気でした。

 

下山して

そこからさらに15分歩いたところに

ラ・コリーナはあります。

 

 

正直、ネットで見た写真は3倍くらいよく見えてるやろ。
こんな僻地で、実際は多少寂れてるやろ。

くらいに思っていましたが

いい意味で裏切られました。

入り口から少し歩くと、

草原に何本もの小さな道がメインのお店へと続いています。

 


急にインスタっぽくてすいません。

 

そのメインの建物の屋根にはびっしりと芝が覆っています。

近づいてみると屋根からポタポタと水が落ちています。

 


気持ちよく感じる程度の水の滴り具合。

 

芝を枯らさない為に散水機のようなものが屋根にあるんだと思いますが

この絶妙な水の滴り具合と

「ポチャポチャポチャ」と落ちる音が

なんだか心を落ち着かせてくれます。

店内も天井が高く、

ゴミ箱が乳搾り用の大きなバケツだったり

いたるところにこだわりとセンスを感じました。

 

そのメインの建物を通り抜けるとさらに屋外には回廊があり

ホットドックなどの軽食やおしゃれなカフェ

また映画のセットのような内装のショップなど。

さらには僕の憧れのVWバスまで!

 

僕の期待をはるかに超えた

むしろ大いに影響されてしまうほど魅力的な場所でした。


ちゃっかり本も購入。

 


「いや〜ついに買っちゃったよ」の図。

 


「ついでにこれも買っちゃったよ」の図。

 

京都からすこし距離があるけど

1時間半もあれば十分いけます。

しかもすごいのが

アミューズメントパークとかではないので

何も買わなくても入ることができます!

(もちろん買うけど!)

たまにリフレッシュしたい場所としてはとてもいいところでした!

 

スズキゲストハウスも外観芝で覆ったろかな。。

久々に期待を超える、とてもよい場所に巡り会えました。

 

あ、あと、2回ともランチで近江八幡駅の近くのお店に入ったんですが

「すいれん」という料理屋。
ここもすごいおすすめです!

ランチは1000円しないですごく美味しいてんぷら定食とかあります。

今回は奮発して近江牛のすき焼き定食と刺身定食で4000円程度でした。


うまー。

 

いろいろたいへんなこともありますけど
たまにはリフレッシュして
またお仕事頑張りましょう(^^)

誰かを好きでい続ける強さ

昨晩、多分僕の予想では

隅田川花火大会かフジロック行ってた人以外は
全員イッテQ見てたと思うんですがどうでしょう。

 

さて今回のイッテQですが

泣けたよ、泣けたよ僕。

普段でも映画を見てホロリとくることもあるけど
今回のはそれよりも、こう、

「グッとくる」ものがありました。

 

まず今回の予告編の期待値の高さって言ったら
近年のバラエティ番組ではありえないくらいのものがあったと思う。

それは、これまで無欲にただただ安室ちゃん愛を貫いてきたイモトが
何も知らされないまま安室ちゃんと対面するという

こんな、全ての視聴者が
「こうなったら絶対面白い」
っていうストーリーがそのまま実現された結果だと思う。

そして

今回見てて一つ思ったのが
イモトってめっちゃ頭いいな。

大好きな安室ちゃんに対しての一言一言が
まるで台本を読んでるかのように綺麗に整頓されていたし

言葉のチョイスもすごいなぁと思った。

特に、安室ちゃんがイモトに

「きっと私のファンの方達もイモトさんのことが好きだと思います」

って言ったことに対してイモトは

「そうなんです。」

って即答したところ。

僕だったら(お前誰やねん)

「いやいやそんな、」とか

安易に謙遜しながらも照れ隠しするという
なんともつまらない受け答えになると思う。

けどイモトはそのあと

「そうなんです、みんなすごく優しい」

と、下手に謙遜せず、素直に答えながら
安室ちゃんの周りにいるファンも素晴らしいっていうことを伝えていました。

 

過去のVTRで安室ちゃんの引退が発覚した時も

「視聴者無視して安室ちゃんのことだけ考える」

と言っていました。
あれも僕だったら(だからお前は誰なんだ)
そこまで言うのって少しためらいそうなんだけど
バラエティをしっかり理解してあそこまではっきり言うから
逆に反感を買わないっていうのもあると思う。

今まで汚れ仕事もやりながら
全身全霊でものすごいことをやってのけ
そしてただひたすらに安室ちゃん愛を突き通してきたからこそ
これだけの感動に繋がったんだと思います。

誰かを好きでい続ける強さのようなものを感じました。

 

少し話がずれますが

僕は高校生のころから

「くるり」というロックバンドが好きで

出待ちもしたし
アルバムもシングルCDも全て買っていました。

 

そして東京にいたころ
仕事帰りにくるりの新アルバムを買って
くるりを聴きながら帰っている途中

目の前からボーカルの岸田さんが歩いてきたことがありました。

僕はなんとか喉から声を絞り出し、声をかけました。

新アルバムを買ってきたこと。
今くるりを聴いていること。
世界で一番あなたが好きだということを伝えました。

気がついたら僕の膝はまるでアニメのように
ガクガクと震えていました。

岸田さんが

「なに聴いてるん?」

と言って僕の首にかけているヘッドホンに耳を近づけた時は
気絶しそうになりました。

 

イモトハンパないって。
あんな冷静に喋れへんて。

 

。。。

当時は本当にイモトが安室ちゃんを好きなくらい
僕もくるりが好きでした。

 

最近はアルバム追いつけていません。。

 

思ったのは

「何か」や「誰か」をものすごく、半端じゃなく好き
ということはそれだけで幸せなことだと言うこと。

そしてその相手に「会えた」
ということは誰もができることではない
本当に貴重な体験だったんだと今では思います。

 

安室ちゃんとの対談が終わったあとのイモト
めっちゃいい顔してましたね。

僕も岸田さんと別れたあと
ウソみたいにスキップして帰ったのを覚えています。

駅を作る。というイメージ。

ブラジル対メキシコが終わって
日本対ベルギーまで約2時間。

ブログを書くのにちょうどいい時間が空きました。

毎日こんな時間にブログ書く時間が取れたらいいのになぁ。

 

good hostels kyoto という「駅」

さて、今年に入ってから動き出したgood hostels kyotoというプロジェクト

メインは独自のウェブサイトを作って

そこで京都の素敵なホステル・ゲストハウスを紹介する

というものでしたが

やはり10の施設が集まり

各々個性的なオーナーが顔を合わせ話をすると

どんどんそのアイデアは膨れ上がり

当時自分が考えていたものよりも

遥かに素晴らしいものになっていってるという実感があります。

そしてそれは、単なる宿紹介サイトではなく

京都に観光に来る人たちの「駅」のようなものになる気がします。

「good hostels kyoto」というウェブサイトにアクセスすれば

京都を楽しむためのあらゆる情報が手に入る。

それは素敵な宿の情報や観光情報だけではなく

観光する上でのマナーや作法だったり

また、人で溢れる京都をストレスなく観光する裏技とか・・・

 

 

京都へ来るときは当たり前ですが京都駅に来ますよね

そんなふうに、京都に行くならまずgood hostels kyotoにアクセスする。

そんなようなものになればいいな。

 

頑張ります。という一言。

そしてさっき、ウェブサイトの構築をお願いしている

知人でもあるプログラマーと

デザインラフを見せながら打ち合わせをしました

無理なお願いもあるかもしれないけど

今後の展望も含め話をしました。

 

僕はこれまで、ウェブサイトを

“夏までの公開”と公言してきました

でも正直秋にもつれ込むだろうなぁと思っていました

 

そして彼に

「夏中の公開は正直厳しいかなぁと思ってるんだけど

と言いました。すると彼は

「いや、僕頑張りますよ」

と言ってくれました。

 

これがとても嬉しかった。

もちろん仕事として引き受けてもらうから

頑張ってもらうのは当たり前かもしれません

 

けど、知ってる人同士だからこそ

そういう一言って大事だし

とても嬉しく思いました

 

なので、僕も頑張ります。

その前に、サッカー日本代表の応援から。

 

頑張れニッポン!!!!

good hostels kyoto 宿巡りツアー!

こんにちは!スズキです!

先日の21日と、昨日の2回に分けて
good hostels kyoto 宿巡りツアーを行いました!

 

ghk宿巡りツアーとは。

good hostels kyotoは現在、京都市内の
10のホステル・ゲストハウスから成り立っています。

定例ミーティングを重ねて
競合施設ながらもアイデア・情報を共有し
コミュニケーションを取り合っています。

たとえば、オンシーズンで満室になって
さらに宿泊の問い合わせがあった時などは
good hostels kyotoのネットワークを活かし
まだ満室になっていない施設へ送客することもあります。
信頼し合える施設だからこそ
ゲストにも自信を持ってお勧めすることができます。

今後さらにそのネットワークを強化し
強固なもの、そして説得力のあるものにして行くべく
お高いの宿をもっと知るべきだという意見のもと

宿巡りツアーを企画、実施しました!

 

それぞれの豊富な個性を実感しました!

昨日のコースは

錺屋(五条)

Fairfield House(四条堀川)

平旅籠ひばり(丹波口)

KYOTO COMPASS(西大路七条)

 Hat’n Hat Hostel(太秦)

SUZUKI GUESTHOUSE(二条城)

木音(西陣)

梅夜(西陣)

HOSTEL Ebi(錦市場)

改めていろんな施設を回ると
それぞれの個性が光っていて
目から鱗のアイデアもたくさん!

その場で
「パクっていいですか?」「いいですよ」

というやりとりなどもありました。笑

 

人間性だけでなく、施設のポテンシャルも信頼し合える関係性

自分達自ら“good hostels”を名乗る以上
自らの宿はもちろんのこと
互いの施設もしっかりと評価し合い
お互いがリスペクトし合える関係性が重要です。
そういった関係性を築き上げるためにも
今回のツアーはとても意味のあるものだったと思います。

ツアーの締めくくりはgood hostels kyotoメンバーによる
始めての飲み会!

残念ながら参加できなかった方もいましたが
充実した一日となりました!

ソフト面となる公式ウェブサイトの公開はまだ先ですが
ハード面となる宿オーナー同士の信頼関係は
着実に強くなってい
ます!(^-^)