繁忙期のAirbnbの利用法。

ごりごり経営者目線のブログです。

 

さて、3月後半から4月にかけて、京都は繁忙期を迎えています。
身も心も寒い時期を乗り越えて、まさに春です!!

 

予約に関して、うちでは幾つかのOTAと契約し
ねっぱんを利用して一括管理していますが
唯一例外なのがAirbnb。

 

Airbnbはねっぱんと連動していないので
そこの調整が非常に難しいのですね。

 

この繁忙期でも、ドミトリーはひと月前になってもなかなか埋まりません
そこで、一番入りやすいBooking.comで早めにある程度予約を埋めていきました。

 

そこそこ埋まってきたらねっぱんを売り止めして
Airbnbで「いつでも予約」に設定し、残りを販売しました。

 

すでにBooking.comでそこそこ埋まってるので
もし万が一埋まらなかったどうしよう。。という
最低限の心配は払拭されています

 

そして繁忙期が近づいてくるとAirbnbでの予約が入り始めます

それと同時に、早くから取っていたBooking.comの予約がキャンセルし始めます
Booking.comから予約する方は、「とりあえず抑えとこ」というお客様が少なくありません。

 

なので、ぽこぽことキャンセルが出始めます。

 

しかし、ねっぱんは売り止めしてるのでまたBooking.comから入ることはありません

 

空いた穴は、Airbnbの「いますぐ予約」が埋めていきます。

 

結果的に今回の繁忙期の半分以上がAirbnb経由での予約になり、

例年の繁忙期はBooking.comからのどでかい手数料の請求が
唯一の憂鬱の種だったんですが

今回はそこまで大きなものになりそうにもありません。

 

さらに、Airbnbは基本事前清算なので
ノーショーというこれまたどでかい憂鬱の種もほとんどありません。

 

ねっぱんとAirbnbはいまのところ同期できませんが

Airbnbはうまく利用すれば宿側にとってもとても心強いOTAの一つになりました。
目標は、今後予約の半数をAirbnbから入れたいですねー。

 

以上、民泊撲滅委員会副委員長のスズキでした。

2018年3月1日。

です。

 

日々いろいろあるのですが

 

日記が更新できないのは全て確定申告のせいです。

 

頭がいたい。。。

 

日記って書きたいことがあって
書き始めることはよくあるんだけど

書き終わる前にまとまらなくなって
そこで筆が止まって下書きが増えるって言うパターン
結構あります

 

例えば

ど偉い酒場のおっちゃんと知り合った話とか

イケイケな宿泊施設に潜入捜査した話とか

イヌを飼った話とか

good hostels kyoto のこととか。

奥さんと喧嘩した話とか。

 

 

あったかくなってきたので
また夜のランニングを再開しようかな

 

そのためにも
早く確定申告を終わらせないと、、、

 

中身のない日記でした。

 

東京のホステル、ゲストハウスに泊まってきました。

先週一週間ほどお休みをいただいて東京に行ってきました。

実家に二泊した後、日本橋にある「CITAN」さんと
蔵前にある「東京ひかりゲストハウス」さんに泊まって
最後にAirbnbを使って民泊を利用してきました。

 

すごすぎる、Back packer's Japanの新店舗・・・!!

いや別に、友達が働いているわけでもないし
面識があるわけでもないので
なんのバイアスもなしに思った感想ですが
オシャレすぎるやろ。。

全体的に素敵すぎるけど、なによりも
外からも見える、あの立体的な見せ方に成功しまくっている
大きな扇風機みたいなやつ!!

個人的にはこれがとてもかっこよかった!

設備面でいっても素晴らしかったのですが
・シャワー室以外の水道でお湯がない(ガス代節約?)
・共用のシャワー室に脱衣かごがない(小さな棚はあったけど服は置けない)
・個室に泊まったんですが、なぜかiPhoneがWifi繋がらない(PCは使えた)
この点だけ気になりました。

けど、他は文句のつけようがありませんでした。
出かける時も、対応してくれたスタッフの方以外からも
「いってらっしゃい」とかるく声をかけてもらえて
大きな宿でたまに感じる、対応してくれたスタッフ以外との距離感も
感じませんでした。

何より見た目重視な僕からすると
ため息が出るほど洗練されていましたぁぁぁ

日本橋 CITAN

 

ひかりの差し込む小さなゲストハウス

次に泊まったのが、蔵前にある東京ひかりゲストハウス。

こちらは、いつからかインスタブラムで相互フォローさせていただいていて
前々から気になっていた宿でした

ご家族で経営されていて、手作り感溢れる
「ゲストハウスってこれ!」って感じの宿でした。

こちらも個室を利用させていただいたのですが
オーダメイドっぽい二段ベットが壁際にガッチリ固定されていて

「すごー、二段ベット手作りだよこれ!旦那さんすごいねー」

なんて話していたら

実は奥様が作ったとのこと!!! (°o°)!!!

 

東京と京都の個人経営のホステルの状況はやはり似ていて
共通の悩みを抱えていたり

でも一方でひかりさんは
東京の他の仲のいい宿のオーナーさんと
チームを組んで
イベントをしたりしていて
いつか東京と京都で何かイベントができたらいいですねなんて話もして。
楽しみが増えました。

 

東京ひかりゲストハウス

 

渋谷駅から徒歩10分のアパート民泊へ・・!!

最後はAirbnbを利用して
渋谷駅から徒歩10分程度のところにあるアパートで
「民泊」を体験してきました。

思うところはいろいろあるんですが、
ざっくりした感想は

温度がない。

今回利用した物件は一人暮らし用アパートの一室で
一度もホストと顔をあわせることもなく
Airbnb上のメッセージのやりとりだけで入室し、チェックアウトもします。

ホストの方はAirbnb上の写真から、若い男性かと思うのですが
(写真には首から下の画像しかない)
Airbnbでのメッセージのやりとりを数回したら
すぐにその文面から、ホスト本人ではなく
代行業者が送っているのだと気付きました。

なんだか妙に気分が悪かったのが
チェックアウト後に送られたメッセージ

「とても清潔に使っていただいてありがとうございました。
スズキ様のようなゲストに使っていただけてとても嬉しく思います!」

いや一度も会ってないあなたに言われたくない。
逆に気分悪いわ。っていうかあなた誰。

渋谷駅から徒歩10分。
家電も全て揃っているし、ウェルカムスイーツまで用意してくれてる。
個室だから周りの音を気にしなくていいし、利便性は抜群。
旅の疲れを癒すには最高の条件かもしれ
ない。

自分が宿経営者だから、絶対にこんなの宿とは認めたくないけど
正直世界中の旅行者のニーズにはあっているのかもしれない。

民泊は明らかな競合であって
できれば増えてほしくないと思うけどそれは不可能。
どちらかというと、やはり同業である簡易宿所の中で埋もれず
頭角を表して生き残っていく道をしっかり探していくべきかもしれない。

今年の紅葉(北野天満宮紅葉苑)

今年の紅葉は色づきがとても速く、12月の一週目でほとんど見頃が終わってました。

京都は一年中多くの観光客が訪れるけど、現地に住んでると「いつでも行けると」と思いがちでなかなか足を運ばない場所が多いです。けど、桜と紅葉はやっぱり毎年見に行きたくなります。宿を経営していると繁忙期はなかなか夫婦そろって出かけれなくて、今年の紅葉もぎりぎりまで待って、12月の頭に見に行きました。

人混みに呑み込まれるのがイヤで、有名な場所を避け、北野天満宮と下賀茂神社と真如堂を回りました。少し見頃が過ぎて葉っぱがかなり落ちてたけど、それはそれで美しい光景でした。特に北野天満宮にある清流紙屋川にあった紅葉の絨毯はとても綺麗でした。哲学の道に沿って流れる琵琶湖疏水の上を桜の花びらが運ばれていく景色を思い出します。

美山日帰り

梅雨でもないのに、京都はじめじめした日々が続きました。台風一過、何日間か晴れたけど、今日はまた雨です。

さて、本題に入ります!先週車で友達と旦那さんと3人で美山に行ってきました。どうせ雨だろうと少し憂鬱な気持ちで向かったけど、美山はなんと素晴らしく晴れた青空を見せてくれました。最初に向かったのはかやぶき美術館と郷土資料館、目当ては展示会ではなく、屋根裏までじっくり観賞できる築150年の建物そのものと、美山の暮らしを辿る民具の数々でした。二棟の茅葺き家はさほど離れてなく、間に水車のある小庭を挟み、広々とした平地に建っていました。美術館に入った途端、広い玄関付近に展示されている鉄筋彫刻が目に留まりました。徳持耕一郎という作家の方が20年以上ライブに通いスケッチしたミュージシャン達を鉄筋に置き換えた「鉄筋彫刻」展とのことです。どの作品もミュージシャンの表情と仕草を繊細に表現されていて、迫力があってとてもかっこよかったです。2階に上がると、10枚ほど絵が展示されていて、きれいな屋根裏が目に飛び込みました。一見何十の丸太がきれいに横並びに配列され、縦並びの木材と無数の紐で固定され、その上に何重ものススキが重なっていました。資料館には昔の暮らしが目に浮かぶような、多くの民具が保存されていて面白かったです。

昼過ぎに茅葺きの里にあるレストランで美味しい鹿料理を食べて、川沿いで少しススキの景色を楽しんで、最後ゆっくり里を散策しました。里には全部茅葺きの建物だと思っていたら、普通の家も点々と建ててあり、伝統的の茅葺屋根もあれば、茅葺き屋根に見せかけたもう一段普通の屋根が伸ばしている建物もありました。それでも絵みたいな景色が広がっていました。柿の木が多く植えてあり、食べ頃の柿が収穫されないまま道や庭に落ちていました。勿体ない、観賞用??柿好きではないけど、せっかく実ったのに収穫してあげたいなといささか悲しい気持ちになりました。里には民俗資料館があり、約200年前の建築当時の姿に忠実に復元された建物で、古くからの農機具や生活道具など展示されていました。藍染の美術館もあったけど、残念ながら管理者が不在でした。

車酔いで少し気が引けますが、冬の景色を見にまた行ってみたいと思います。