「地下鉄でめぐる桜」マップを作るにあたって。

こんにちは!

最近の京都は
暖かくなってきた!と思ったら急に寒くなったり

思わせぶりな女の子のようなツンデレっぷりを発揮しています。

暖かい夜風に当たってビール飲みたいなぁ
などと妄想しているスズキです。

さて

この度、good hostels kyoto企画で

「地下鉄でめぐる桜」というマップ(路線図)
烏丸線東西線

を作りました!
(ぜひ見てください!)

これについて
作った経緯や目的を少し書きたいと思います。

 

オーバーツーリズム解決への第一歩

先日、京都新聞でこんな記事を見ました。

京都で日本人宿泊客の減少歯止めかからず 訪日客増で混雑敬遠か

外国人観光客の増加により
本来京都の魅力である景観や雰囲気が楽しめなくなり
その結果日本人観光客の足が遠のいた。

といった内容です。

また最近では
その急増する外国人観光客によってもたらされる
問題や
地元住民が感じる不満を

“オーバーツーリズム”観光公害”

などという言葉で表現されています。

good hostels kyotoとしては
この問題に対し“公害”という言葉は適切と考えていませんので
“オーバーツーリズム”という表現を使いたいと思います。

 

京都市は今後も宿泊施設誘致を進める。
なのであれば地域団体としてできることをしよう。

もともとgood hostels kyotoは

小さな宿同士で力を合わせて自分たちをアピールし
集客につなげたい。
という考えでスタートしました。

しかし
ミーティングを重ねる中で

ただただ自分たちの存在をアピールするだけではなく
地域が抱える問題の解決や
宿泊施設以外とも連携して
京都を“上手に”楽しめるコンテンツになっていけたらいい

と思うようになりました。

その一環として
特に問題としてあげられる京都市バスの混雑緩和を目的とした

「地下鉄で楽しめる京都の穴場スポットマップ」

という企画が持ち上がりました。

京都のオーバーツーリズムの主な事例は
やはり祇園や清水寺を中心とした
東山エリアで起こっていると考えます。

事実、京都駅から清水道ー祇園を通るバスルートは
混雑を極めます。

そこで、観光客の地下鉄利用を促し
さらに、まだ知られていないけど
京都の魅力を感じられるスポットを選び
マップにして発信することで
少しでも混雑緩和に繋がったらいいという考えです。

 

さらにそこから

 

通年利用できるものもいいけど
季節に特化したマップもありかもね。

ということで、急遽この
「地下鉄でめぐる桜」マップを作成しました。

正直なところ

今回これを作って発信したところで
本来の目的である市バスの混雑緩和に繋がるとは
1ミクロンも思っていません。

その理由は
このマップの良し悪しというより

まだまだgood hostels kyotoは地域問題を解決できるほど
影響力も存在感も持ち合わせていないからという
客観的な観点からです。

しかし、今回これを作ったことで
別シーズンのマップを作る土台ができ
ブラッシュアップしていくことができます。

そして1年、また1年と改良していき

いつか少しでも市バスの混雑の緩和

そして何より

京都に観光に来た方々に
少しでも
有益な情報として提供していくことができれば
嬉しいと思います。

 

何事もトライアンドエラー。

 

とにかく打席に立ってバットを振ることが肝心です。

まだ1安打も打てていませんが

いつかイチローのように

「安打製造機」になることを夢見て。

 

ありがとう、イチロー。

 

↓↓↓↓↓↓↓

現在、good hostels kyotoウェブサイトは
メンテナンス中でございます!

オープン直後の長期メンテで申し訳ありません!
うまくいけば来週には再開できると思います。

ウェブサイト復活しました!

goodhostelskyoto.com

また、再開後にウェブサイトのコンテンツ拡充のための
クラウドファウンディングにも挑戦する予定ですので
ご支援よろしくお願いいたします!

4年目。

最後のブログは年末だったでしょうか
お久しぶりです。スズキです。

さて。

スズキゲストハウスは本日
4年目に突入いたしました。

奥さんと日々二人三脚で歩みながら
愛犬にも恵まれ(ここ重要)
平和な日々を送っています。

しかしながら
”インバウンドバブル”と”宿の乱立”による影響は
はっきりと見られ
それでも細々とやっていけるのは
世界有数の観光都市である“京都”という土地の
恩恵を受けているからに他なりません。

また一方で
その恩恵だけでいつまで持つかもわかりません。
商売ってキビシイんですよね甘くないんですよね。

 

なので生き残っていく術として
good hostels kyotoなるものを考え
昨年立ち上げました。

時同じくして
京都市内の小規模の宿が集まって結成された
”京都簡易宿所連盟”にも事務局として参加しました。

そしてそれぞれの活動を通して
気付いたことがあります。

それは
「自らが発信し、積極的に行動する中でしか得られない体験や経験がある」
と言うこと。

そして僕はそれがとても楽しく有意義に感じます。

 

僕は30代に入ってからはっきりした人生観があります。
それは「楽しんでなんぼ。」と「経験してなんぼ。」です。

20代はどこか理想を求めたり
また自分を卑下し
誰かの助けに回って満足していました。

けど30代に入ってから

「あれ、もういい年じゃん」

と気づき、周りに気を使ってる場合じゃない!
カッコつけて遠慮なんてしてたらすぐ年取って死んじまう!!

と、焦り始めました。

実際、いつ大ケガをするか、いつ病に倒れるか
いつ自由を奪われるかなんてわかりません。

日本という民主国家で
五体満足で平和で自由に生活できることって
全生命的に見てもめちゃくちゃ恵まれてると思うんですよね。

壮大な感じで言ってますけど本当そう思うんです。

この間たまたま見たNHKの番組では
イランでは外で音楽を聴いてるだけで宗教警察に指導されていました。
日本最高です。

そんなこんなで
自分は何がしたいのか、何ができるのかを
改めて考えて思いついたのが
good hostels kyoto”でした。

そしてそれに
自分の持ち合わせる能力の全てを注ぎ込むことに決めました。

 

とは言え、ゲストハウスオーナーと言う
一癖も二癖もありそうな人たちに声をかけ
チームを作るなんてそう簡単なものではない。

それどころか精神をすり減らして結局しんどくなり
「やっぱムリ….
と言うオチも頭の隅にはありました。

それでも、やってみなきゃわからん。
失敗したらまたやればいい。
「経験してなんぼ。」精神を奮い立たせ
行動に移しました。

 

それから一年。

まだまだ何も成し遂げていないし
成果も出ていませんが
一方で
何物にも代えがたい
素敵なものを得られた気がしています。

一つずつハードルをクリアするために
沢山の人に会っていろんな話をする中で
ずっと大切にしたいと思えるような言葉もいただきました。

そして、ただがむしゃらにやっていたつもりが
それをしっかり見てくれている人がいることに気づき
また厳しい言葉も期待の裏返しだということにも気づきました。

だから僕は
そんな僕の近くにいてくれる人たちのために
自分が出来る限りの事をしたいと心から思います。

 

さぁ。

とは言ったものの

確定申告して
いろんな税金納めて
借金返して
他施設に嫉妬して
嫁さんの機嫌とって

…….頭抱えることは山ほどあります。

それでも

出来る限りの事をしながら
日々楽しいことを追って行きたいと思います。
貪欲に。

 

平成最後の年。
いうても日本だけの話ですからね。
今日は今日しかありません。

前進するのみです。

 

改めて
オープンして3年経ち今思えるのは

ゲストハウス、やってよかったです。

いろんな人に出会えたから。

来年も再来年もこう思えるように頑張って行きたいと思います。

 

皆様、スズキゲストハウス、ゲストハウスみやこ
ならびにgood hostels kyoto
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

長文、ご拝読ありがとうございました。

スズキ。

 

3ヶ月もの長期滞在をしてくれたBenと一緒に。

2018年。

2018年は、good hostels kyotoに始まり
good hostels kyotoで締まった年だった。

 

昨年末、いま屋ホステルの今井さんと
good hostels kyotoについての企画を持ち上げ

 

今年に入ってから
西陣の”梅夜”さんと”木音”さん
それに錦の”Hostel Ebi”さん
四条堀川の”Fairfield House”さんと
丹波口の”Kyoto Compass”さん”平旅籠ひばり”さん
それから太秦の”HAT’N HAT HOSTEL”さん
そして五条の”錺屋”さん。

 

一つ一つの宿に出向き
不躾ながら数枚の企画書をお渡しし
企画に賛同していただいた。

 

月に数回のミーティングを重ね
公式websiteの打ち合わせや
オリジナルグッズの制作
またお互いを知るため
それぞれの宿を見て回ったり
テレビや新聞の取材も受けた。

 

一方で、お誘いした宿から辞退を受けたり
残念ながら脱退されるお話を受ける事もあった。

 

また個性豊かな経営者をまとめる事に
肩を入れすぎて
必要以上に神経質になることもあった。

 

そんな中で
それぞれのオーナーさんと
何度も会って話をし
意見や考えをぶつけ合いながら
一年間進めてきた。

 

そんなこんなで先日
good hostels kyoto 忘年会をした。

これがとても楽しかった。

 

僕にとってそれは
今年一年やってきたことが
全て肯定された気がしてとても嬉しかった。

 

感謝。

 

来年は今年以上に楽しい忘年会をしなければいけない。
「去年の方が楽しかった」
なんて思わないように。

 

そして来年は
内容と実績の両方で結果を出さなければいけない。

 

増え続ける宿に埋もれず
小さいながらも個性あふれるステキなホステルが
もっと多くの方に知ってもらえるように。

 

「京都に行くならgood hostels kyotoでしょ。」
と言われるように。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

京都は宿不足という状況をとっくに打破し
供給過多の状況へ突入しました。

事実、多くの宿の稼働と値段は下がり
廃業を余儀無くされる宿も増加しています。

おそらくこのまま何もしなければ
個人経営の小さな宿は減っていき
京都市が求める高級ホテルや旅館
または経費を極限まで削ぎ落とした
アパートメントばかり残るでしょう。

しかしそれは日本経済の仕組み上あるべき姿であり
悲観してる場合ではありません。

宿が供給過多なのは事実ですが
外国人観光客が増え続けているのも事実です。
また日本人にも沢山の潜在顧客がいると思います。

そうであれば
アットホームなホステルというニッチな土俵で
良質なグループを作り
みんなで声を張って見つけてもらえば
まだまだ集客の可能性はあると考えています。

単純です。

 

今年は京都以外でも
様々な都道府県の宿泊施設の方々と
面識を持たせていただき
大変お世話になりました。

 

来年もしっかり睡眠とりながら
気張って参りますので

どうぞ宜しくお願い致します。

スズキ

good hostels kyoto ティザー版ウェブサイトアップしました!

あぁ、また日にちが空いてしまった。。
スズキです。今年の夏は暑いのに、妙に食欲があります。
なぜでしょうか。。

 

さて、この度
good hostels kyotoティザー版ウェブサイトアップしました!
本編ではないので密度はありませんが
グッドホステルズが活動しているという事実を
皆さんに確認してもらえる貴重な機会なので
しっかりアピールさせていただきます!

 

こちらをクリック!
(スマホでみてください!)

スマートフォン向けの仕様

good hostels kyotoのウェブサイトは
スマホ版を主体に作られています。

なぜかというと、近頃の動向として
宿探しをするのにスマホを使うことが増加しているから。

実際スズキゲストハウスのアクセスも半分以上がスマホからのアクセスです。

おそらく今後も増え続けます。

レスポンシブデザインという、
どんなデバイスでも最適化して見ることができる仕様もあるけど。

最初からスマホ用に作られたものは
細部の見え方や使い勝手はそれに勝ると思うんです。

 

クラウドファウンディング挑戦します。

good hostels kyotoのウェブサイトは
京都市内の小さいながらも良質なホステル・ゲストハウスを紹介するのが
メインコンテンツですが

それだけではなく
京都の観光情報や上手に楽しむ裏技
ghk限定コンテンツ。

また外国語版では京都を楽しむ上で注意すべき
マナーやルール、災害時の外国人向けの情報提供もしていく予定です。

宿紹介に留まらず
京都へ来てからも利用できる
ポータルサイトにしていきたいと思っています。

現在準備中ですが、8月中には公開したいと思っています!

 

京都市内では、まだまだホテルが増えます。

不足しているのか、供給過多になるのか
どっちが正しいのかはわかりませんが

とにかく、こんな素敵な宿があるんだよ
っていうことを知っていただいて
ホステル・ゲストハウスの良さをもっと沢山の方に
知ってもらえたらいいなぁ。

と思います。

 

さて、次のブログは1週間以内に。。。

メディアから取材を受ける時の心得。

昨日、テレ東の情報番組に取材協力で出演しました。

宿不足と言われる京都だが、一方で急増する宿
もしかしたら増えすぎなのではないか、実際現地で宿を運営する経営者の感触は?

という感じで話が来ました。

 

取材を受けた理由

もちろん、「増えすぎです。」
という意見なんですが、今回この取材を受けた理由は大きく二つあって

まず一つは経験。
インターネットメディアの取材は過去にもあったのですが
全国ネットのテレビの取材は初めてでした。

こういうのって、絶対思い通りの内容にはならないとは思いましたが
きっといい経験になると思いました。

そして、good hostels kyoto にも興味を持っていただけたから。
もしかしたら、単純にスズキゲストハウスとしてだけだったら受けなかったかもしれません。
恥をかくだけだとさえ思いました。

 

すでに決まっていた、放送内容の主旨

撮影はスズキゲストハウスで1時間、
ghkのいま屋さんでさらに1時間程度でした。

いずれも、聞かれた内容は
急増する宿についての感想や、閑散期の稼働率について。

もちろん増えすぎは脅威だし
閑散期の稼働は減少してます。

そんな状況を打開するべく、good hostels kyotoを結成し
案を出し合い、前向きにミーティングをしていたのですが

実際放送された内容はその会話の中でも特にテンションの低いところばかり。

まるで元気のない
もうダメな感じの宿オーナーの集まりみたいでした。

(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)

 

テーマを吟味し、内容を確認して選ぶべき

まぁ、そういった編集内容はある程度覚悟はしていて
夕方の情報番組で5分程度だし、おそらく失敗しても傷は負わないだろう
それなら練習としてもってこいかなくらいに思っていました

今後もし取材等の申し入れがあった時は
事前確認をしっかりして選ぼうと思いました。

はぁーーーーー
撮影前日久々の緊張感だったー
肩の荷降りた〜〜〜〜( ^ω^ )〜〜〜〜