2018年。

2018年は、good hostels kyotoに始まり
good hostels kyotoで締まった年だった。

 

昨年末、いま屋ホステルの今井さんと
good hostels kyotoについての企画を持ち上げ

 

今年に入ってから
西陣の”梅夜”さんと”木音”さん
それに錦の”Hostel Ebi”さん
四条堀川の”Fairfield House”さんと
丹波口の”Kyoto Compass”さん”平旅籠ひばり”さん
それから太秦の”HAT’N HAT HOSTEL”さん
そして五条の”錺屋”さん。

 

一つ一つの宿に出向き
不躾ながら数枚の企画書をお渡しし
企画に賛同していただいた。

 

月に数回のミーティングを重ね
公式websiteの打ち合わせや
オリジナルグッズの制作
またお互いを知るため
それぞれの宿を見て回ったり
テレビや新聞の取材も受けた。

 

一方で、お誘いした宿から辞退を受けたり
残念ながら脱退されるお話を受ける事もあった。

 

また個性豊かな経営者をまとめる事に
肩を入れすぎて
必要以上に神経質になることもあった。

 

そんな中で
それぞれのオーナーさんと
何度も会って話をし
意見や考えをぶつけ合いながら
一年間進めてきた。

 

そんなこんなで先日
good hostels kyoto 忘年会をした。

これがとても楽しかった。

 

僕にとってそれは
今年一年やってきたことが
全て肯定された気がしてとても嬉しかった。

 

感謝。

 

来年は今年以上に楽しい忘年会をしなければいけない。
「去年の方が楽しかった」
なんて思わないように。

 

そして来年は
内容と実績の両方で結果を出さなければいけない。

 

増え続ける宿に埋もれず
小さいながらも個性あふれるステキなホステルが
もっと多くの方に知ってもらえるように。

 

「京都に行くならgood hostels kyotoでしょ。」
と言われるように。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

京都は宿不足という状況をとっくに打破し
供給過多の状況へ突入しました。

事実、多くの宿の稼働と値段は下がり
廃業を余儀無くされる宿も増加しています。

おそらくこのまま何もしなければ
個人経営の小さな宿は減っていき
京都市が求める高級ホテルや旅館
または経費を極限まで削ぎ落とした
アパートメントばかり残るでしょう。

しかしそれは日本経済の仕組み上あるべき姿であり
悲観してる場合ではありません。

宿が供給過多なのは事実ですが
外国人観光客が増え続けているのも事実です。
また日本人にも沢山の潜在顧客がいると思います。

そうであれば
アットホームなホステルというニッチな土俵で
良質なグループを作り
みんなで声を張って見つけてもらえば
まだまだ集客の可能性はあると考えています。

単純です。

 

今年は京都以外でも
様々な都道府県の宿泊施設の方々と
面識を持たせていただき
大変お世話になりました。

 

来年もしっかり睡眠とりながら
気張って参りますので

どうぞ宜しくお願い致します。

スズキ

good hostels kyoto ティザー版ウェブサイトアップしました!

あぁ、また日にちが空いてしまった。。
スズキです。今年の夏は暑いのに、妙に食欲があります。
なぜでしょうか。。

 

さて、この度
good hostels kyotoティザー版ウェブサイトアップしました!
本編ではないので密度はありませんが
グッドホステルズが活動しているという事実を
皆さんに確認してもらえる貴重な機会なので
しっかりアピールさせていただきます!

 

こちらをクリック!
(スマホでみてください!)

スマートフォン向けの仕様

good hostels kyotoのウェブサイトは
スマホ版を主体に作られています。

なぜかというと、近頃の動向として
宿探しをするのにスマホを使うことが増加しているから。

実際スズキゲストハウスのアクセスも半分以上がスマホからのアクセスです。

おそらく今後も増え続けます。

レスポンシブデザインという、
どんなデバイスでも最適化して見ることができる仕様もあるけど。

最初からスマホ用に作られたものは
細部の見え方や使い勝手はそれに勝ると思うんです。

 

クラウドファウンディング挑戦します。

good hostels kyotoのウェブサイトは
京都市内の小さいながらも良質なホステル・ゲストハウスを紹介するのが
メインコンテンツですが

それだけではなく
京都の観光情報や上手に楽しむ裏技
ghk限定コンテンツ。

また外国語版では京都を楽しむ上で注意すべき
マナーやルール、災害時の外国人向けの情報提供もしていく予定です。

宿紹介に留まらず
京都へ来てからも利用できる
ポータルサイトにしていきたいと思っています。

現在準備中ですが、8月中には公開したいと思っています!

 

京都市内では、まだまだホテルが増えます。

不足しているのか、供給過多になるのか
どっちが正しいのかはわかりませんが

とにかく、こんな素敵な宿があるんだよ
っていうことを知っていただいて
ホステル・ゲストハウスの良さをもっと沢山の方に
知ってもらえたらいいなぁ。

と思います。

 

さて、次のブログは1週間以内に。。。

メディアから取材を受ける時の心得。

昨日、テレ東の情報番組に取材協力で出演しました。

宿不足と言われる京都だが、一方で急増する宿
もしかしたら増えすぎなのではないか、実際現地で宿を運営する経営者の感触は?

という感じで話が来ました。

 

取材を受けた理由

もちろん、「増えすぎです。」
という意見なんですが、今回この取材を受けた理由は大きく二つあって

まず一つは経験。
インターネットメディアの取材は過去にもあったのですが
全国ネットのテレビの取材は初めてでした。

こういうのって、絶対思い通りの内容にはならないとは思いましたが
きっといい経験になると思いました。

そして、good hostels kyoto にも興味を持っていただけたから。
もしかしたら、単純にスズキゲストハウスとしてだけだったら受けなかったかもしれません。
恥をかくだけだとさえ思いました。

 

すでに決まっていた、放送内容の主旨

撮影はスズキゲストハウスで1時間、
ghkのいま屋さんでさらに1時間程度でした。

いずれも、聞かれた内容は
急増する宿についての感想や、閑散期の稼働率について。

もちろん増えすぎは脅威だし
閑散期の稼働は減少してます。

そんな状況を打開するべく、good hostels kyotoを結成し
案を出し合い、前向きにミーティングをしていたのですが

実際放送された内容はその会話の中でも特にテンションの低いところばかり。

まるで元気のない
もうダメな感じの宿オーナーの集まりみたいでした。

(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)

 

テーマを吟味し、内容を確認して選ぶべき

まぁ、そういった編集内容はある程度覚悟はしていて
夕方の情報番組で5分程度だし、おそらく失敗しても傷は負わないだろう
それなら練習としてもってこいかなくらいに思っていました

今後もし取材等の申し入れがあった時は
事前確認をしっかりして選ぼうと思いました。

はぁーーーーー
撮影前日久々の緊張感だったー
肩の荷降りた〜〜〜〜( ^ω^ )〜〜〜〜

 

選択肢としてのホステル。

確定申告が終わって完全に燃え尽き症候群のスズキです。

 

かれこれ10日間くらい燃え尽きてます。
もはや灰です。

 

ハイです。

 

Highです!!

 

 

 

近頃、宿泊施設の近代化がやばいです。

そもそも近代化って言葉は10年以上前から聞くけど
もはや現代化?ドラえもんはもうできた?アトムは?ガンダムは?

 

先日、good hostels kyoto 仲間で、いま屋ホステルの今井さんと
「ザ・ミレニアルズ」という、名前からして近代化してる宿に泊まってきました。

僕の世代だと、バックストリートボーイズが
2000年あたりに「ミレニア」っていうファーストアルバム出したことを考えると
ミレニア“ル”ってなんやねん!って突っ込みたくなる人は少なからずいるはず。

彼らももう40歳近いと思うと
「グループ名に“ボーイズ”つけたの失敗やったー」
ってメンバーの誰かが思っているはず。


(ドーン)

 

話が逸れましたが
「ミレニアルズ」の何が近代的だったかというと

まず、チェックインの際の案内は、もちろんスタッフもいるけど
「こちらをご覧ください」
と言ってiPadのムービーを見せられる。
館内の説明はそれでまかなっている。

さらに、鍵と一緒に渡されるのがiPod touch
何に使うかというと、室内の電気や、リクライニング式ベッドの調整を
このiPodで行うのだ。

 

へーーーー。

 

って感じ。

 

正直、僕の中ではそれらのすごさより
アメニティ類の充実とか(←この「とか」に10個くらいすごいことが詰まってます。)
の方が「すげー」って思ってしまったけど。

 

おそらくこれからの時代
さらに現代的な宿泊施設ができてくると思うけど
ある意味かの有名な変なホテルがその最終系かもしれない。

ようするに
チェックインはタブレットでセルフチェックイン。
スタッフはロボット。
清算はクレジット前清算。
室内での照明などはスマートスピーカーで声で操作。
現場で働く人間は警備員とお掃除さんだけ。

収益最優先にすればそういうことになっていくでしょう。

これが先進国日本の宿泊施設の未来系。

 

 

でもね。

僕はそういうん興味ないんです。

ホステル、ゲストハウスっていうのは
もっとこう、ガシャガシャしてて
人間味があって
月並みだけど
結局いろんな意味で温かみがあるっていうのは

何にも変えがたい魅力だと思うんです。

 

だけど、理想だけを掲げていては

数十年前、近くに大型スーパーができて潰れてしまった
商店街のあの八百屋のように。。

その文化はなくなっていってしまうかもしれない。

けど、今と数十年前と違うのは

インターネットという、大企業でも個人でも平等に使える技術があり
集客する方法はアイデア次第で無限にあるということ。

それをしっかり活用すべきだし
それができないとすぐに時代に取り残されていってしまう

ホテル建設ラッシュの影に埋もれることなく
むしろこの流れに乗って、優良なホステル・ゲストハウスがもっとアピールをして
ホテル、旅館という選択肢の他に、もう一つ”ホステル”という選択肢を全国的に認知させる
それもgood hostels kyotoの野望です。

 

いつまでも燃え尽きてる場合じゃなかったーヾ(`ε´)ノ

真夜中

夜、奥さんも寝て
後は寝るだけ。という状態になると
その日の中で一番物事に集中できる状態になる。

 

リトルモアから出版されていた
「真夜中」という雑誌があった。
調べてみると、もう7年も前に休刊してしまっていたようだ。

 

服部一成さんがアートディレクションを勤めていた
タイトルロゴと表紙のデザイン
またその「真夜中」というタイトルそのものの持つ得も言われぬ魅力が
他の雑誌とは一線を画し、自然と手に取ってしまっていた。

 

人がつい訪れてしまうwebsiteについて考えている。

 

別にそのサイトが好きなわけではない。
でもついついクリックしてしまう。
ブックマークバーに入れてしまう。

 

宮崎あおいが好きで、昔よくHPを見ていた。

トップページでは、エフェクト処理された宮崎あおいの動画が映り
ずっと聞いていても飽きない心地いいサウンドが流れていた。

だけどやっぱり、宮崎あおいのHPを見ることはすぐになくなった。

 

一方、昔も今も変わらず毎日のように見ているwebsiteは何かと言うと
やっぱりYahooだ。

別にYahooが好きなわけではない。
強いて言えばできるだけクリックしたくないとさえ思う。

でも見てしまうのは、結局はニュースが気になるから。
ではなぜニュースが気になるかというと、
話題性があるからだろう。

別に好きでもないサイトを見てしまう理由は
そこに情報があるからに他ならない。

 

ではgood hostels kyotoを大勢の人にたくさん見に来てもらうために
必要なことはなんだろう

good hostels kyotoはニュースサイトではないから
Yahooと比べるのはお門違いか

 

だとしたら、Booking.comやAirbnbに勝る
見易さや利便性、good hostels kyoto 独自の利用価値を考えなくてはならない。

 

京都という地域に宿を構える人たちだからこそできる
他の予約サイトにはできないサービス。

 

最近、毎晩そんなことを考えながら、真夜中を過ごしてる。